お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

今回はNeroの新機種「NS-62UL」についてご紹介します‼

皆さんこんにちは、五十嵐将実です。
今回はNeroの新機種、”NS-62UL”ついてご紹介したいと思います。

このロッドは僕が1年を通して1番使用するロッドとなります。
スモラバ、ネコリグ、ジグヘッドワッキー、
ノーシンカーリグなどのライトリグを使用する上で大事な部分が沢山詰まってます。
まず、ファーストテーパーにした理由は障害物にルアーがスタックした場合に
レギュラーテーパーよりだとベリーあたりまで曲がってしまうので、
障害物からルアーを外す時に外しにくくなり、
余計な力を入れてしまう事によって障害物からルアーが離れてしまいます。
 
しかし、ファーストテーパーにした事でティップは入るけど、
ベリー辺りにハリがあるのでルアーを自分のタイミングで障害物から外す事ができます。
よって、ルアーを障害物から外してもなるべく障害物の近くにルアーを残すことが出来きるので、
バイトチャンスが増えると僕は考えています。
 
さらに、ロッドの長さは6.4ftと6.2ftだと使いやすさに差が出ます。
勿論6.4ftの方が飛距離の差は多少はあるかもしれませんが、
僕の求めているフィネスロッドとは軽いものを遠くに飛ばすのではなく、
キャスト精度、取り回しの良さや操作性など近距離戦がメインとなるので、
セパレートグリップもNeroの”NS-64UL”よりも大分短く設定しています。
やはりサイドキャストなど少し小技を効かせたキャストをする際に、
肘にグリップエンドが当たってしまうとキャストミスやストレスが増えるからです。
霞ヶ浦水系でピンスポットの釣りや葦際護岸際などにライトリグを正確に打ち込むには最適なロッドですね。
 
また、フィッシングショーOSAKAにてNeroの新機種について
僕と片岡プロが解説している動画が公開されてますので是非ご覧ください。