お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

厳寒の定番・デラクーゲーム

こんにちは、水野浩聡です‼︎
今年も残すところあと2ヶ月を切ったところまできてしまいましたが、日に日に寒さも本格化してきて晩秋の香りがフィールドではしてくるようになりました。
そんなタイミングで効果的なルアーのご紹介‼︎

厳寒期にはヘビーウェイトデラクー


そのルアーは、僕がフィールド問わず釣りまくっているデラクーです!
更に今年はヘビーウェイトが追加されていて、鬼に金棒!
去年のこのタイミングではプロトの状態だったデラクーのヘビーウェイトモデル(1oz、3/4oz)が、こういう晩秋ではもの凄くよく効き、去年も同時期にたくさんのバスをキャッチすることができました。
すでに今年もハマり出していて、ガイドで琵琶湖に行ってウィードの絡めてリフト&フォールしたり、リザーバーの深いレンジをバーチカルに落としていったり、もしくは野池で遠投をして、水温が落ち出して深場へと移動していくバスを巻いて狙っていっています。


特にこのヘビーウェイトモデルのデラクーは、僕がスピードフォールと呼んでいる釣りが効果的で、リフト&フォールアクションをし、速いフォールスピードでリアクションバイトを誘発するというもの。
速さがないと見切られる条件下や、バスのレンジにより早く到達させることによって効率よく狙っていけるのがこのモデルの特徴です。
12月いっぱいくらいまでは、この速さで食わすリアクションのテクニックが各地でハマるので、まさに今が旬ともいえますね。

これまで手の届かなかった場所、狙いづらかったレンジ、そして通常のデラクーよりも巻いても落としても速さが出るという特徴を生かして、寒さが進行していくフィールドで投げていただけたらと思います。
速さがないと食わせれないバスっているんです‼︎
ボート、陸っぱり問わず投入してみてくださいねー‼︎