お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

秋本番を迎えた琵琶湖 オススメパターンとは?

みなさんこんにちわ、片岡壮士です。
今回は秋本番を迎えた現在の琵琶湖で片岡壮士オススメパターンを紹介します。
まず1つはやっぱりブレイクブレードパターン!!
巻物の秋!ということで、ブレイクブレード発売以来、秋には必ずお世話になるパターンです。
狙うエリアとしては基本はシャローエリア。
その中でも流入河川やワンドの入り口にあるウィードフラットを狙います。
そこに鮎などベイトフィッシュが絡んでいれば炸裂必至です!!
ウェイトは10グラムをベースにエリアが狭い場合などはウェイトを軽くし、
見切られないようにローテーションしていきます。
トレーラーはアイシャッドテール4.8″もしくわ3.8″をベイトのサイズに合わせて使い分けます。
カラーはベイトに合わせて使うのでアユ系カラーが出番が多いです。
 
そして2つ目がパンチングパターンです!

夏に活躍したパターンですが今年、
ウィードが多く残っているのでまだまだビッグフィッシュパターンとして成立します!
エリアとしてはエビモに絡むマットやエビモ単体でも釣れます。
リグはヘビーテキサスをメインに使用。ワームは夏にもお世話になった、
フリックシェイク6.8″テナガスティック4.9″をローテーションして使いますが、
季節が進むにつれショートバイトが増えてきます。

そんな時はテナガスティック3.9″へサイズダウンすると、
ミスを減らすことが出来ますので是非、試してみてください!
ブレイクブレードパターンはローライトの方が威力があり、
パンチングパターンはハイライトの方が威力は満点なので、
その日の天気やタイミングで2つのパターンを試してみてくださいね!!