お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

カバーを巻ききれ!スイムジグの春ゲーム

皆さんこんにちは。”しょごたん”こと村上祥悟です。

 

すっかり季節は春になり、個人的には1年で1番デカバスが釣りやすくてワクワクする季節になりました。

そんな春のバスフィッシングで大好きなのが、スイミングジグを使った釣りです。今回は今の時期にぴったりなスイミングジグである”Bクロールスイマー”に”リズムウェーブ”を組み合わせた釣りをご紹介しようと思います。

 

 

【根掛回避とスローな誘いを生み出すBクロールリズム】

 

ここで”Bクロールスイマー”と”リズムウェーブ”を組み合わせて、Bクロールリズムと呼ばせていただきます。

 

このBクロールリズムは僕が通う遠賀川では非常に効果的な組み合わせになります。

 

それは、テンポ良く探れ、根がからないという2点がとても優れています。

 

元々、Bクロールスイマーはカバーなどの障害物に打ち込んで泳がせることを得意とするクランキングジグとして開発されており、岩やレイダウンなどの障害物に引っ掛かることなく丁寧に巻いてくる事が可能です。

 

トレーラーのリズムウェーブは強くゆっくりと動いてくれることから、早春のバスが好むスピードと波動が非常に出しやすいルアーであり、複雑な障害物がある場所でも根掛りを恐れずにバスにアピールすることが可能となる組み合わせなので出番は必然的に多くなります。

そしてこの組み合わせで先日も遠賀川のデカバスをキャッチすることが出来ました。

このポイントは根掛かり多い場所なので障害物に潜むバスを根掛せず引き出すことのできた価値ある1匹です。

 

皆さんもぜひ”Bクロールスイマー”と”リズムウェーブ”のコンビで早春のデカバスを狙ってみてください。