お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

春のリザーバーはビッグバス狙い。”岩盤+ボリューム+スロー”がキーワード

皆さん、こんにちは。西村嘉高です。

3月に入り各フィールドも気温・水温が上昇し始め、いよいよシーズンインの気配が増してきました。そんな春の始まりはビッグフィッシュのキャッチ率が高い、房総半島エリアをはじめとしたリザーバーでのビッグフィッシュ狙いを私はお勧めします。

房総をはじめとするリザーバーの多くは、水温の上昇と共にメインベイトであるワカサギの産卵に関連して、深場からレンジを浅く、更にショアへとポジションを移し、バスとの生活圏がリンクしやすくなってくる、いわゆる“ワカサギパターン”の釣法が成立するようになります。しかし、時としてタイミングを外したり、ワカサギを意識したバスがルアーに対してよりセレクティブになってしまい難しい釣りになってしまい、なかなか釣果に結びつかないことがあるのも事実です。

そこで私の春のリザーバー攻略は、3月に入ってからの温かい雨と強い南風によって、より早い春が訪れる岩盤を中心とした”ラバージグ&ワーム”でのビッグフィッシュ狙いが見逃せません。

なぜ岩盤を中心とした”ラバージグ&ワーム”ゲームがお勧めなのかというと、冬の間クリア気味だった水質が水温を上昇させる要因である雨によって水を濁らせ、更に強い南風がそのエリアの水を大きく動かし、ザリガニといった甲殻類やカエルといった比較的大きめのベイトが集まりやすくなり、それらを求めてビッグフィッシュがフィーディングに入る確率が高くなるからです。また、バスがレンジの上下を容易に出来る岩盤エリアは濁り水もキーとなり、どちらも太陽光を吸収しやすく、いち早い水温の上昇を期待できるからなのです。

【ラバージグは2パターンの使い分けを】

あえての濁り水の中を釣りするので、しっかりとボリュームでルアーの存在をアピールでき、更にフォールと着底からのアクションをゆっくりと演出できる”ラバージグ&ワーム”が強烈にビッグフィッシュを呼んでくれ、実際多くのバスを私はキャッチしています。

大きな移動せず、岩盤沿いを状況により上下にレンジを変える春のビッグフィッシュに対して私は2タイプの”ラバージグ&ワーム”を使い分けています。

1つは、ガード付きのキャスティング系ジグ1/4oz+ファイボス4.5inchです。

この組み合わせバランスは、垂直気味の岩盤やその途中にある立木等のストラクチャーに沿ってのフォール姿勢とスローなフォールスピードがベストマッチで岩盤沿いに浮いたバスをスライドフォールで追尾させバイトへ導くことが出来る最強のフォールベイトです。

これは、ファイボスの開発時、春先のリザーバーのテスト釣行で学んだ、軽いジグ+ボリームベイト=ビッグフィッシュといったパターンでもあります。

2つ目は、岩盤のボトム付近をアプローチする方法でバスの活性が低くフォール中にバイトしない時やレンジが深く着底してからのバイトを誘いたい時に使用するのが、フットボールジグ1/2oz+ビークロールフラッパーの組み合わせ。

重めのフットボールジグを使う理由は、トレーラーであるビークロールフラッパーとの相性がよく、フォール時や着底からのバイブレーションを生むアクションが効果的に出すためのセレクトです。

また、フットボールジグはピンポイントを点で捉えるヘッド形状なので岩盤のちょっとした途中の狭い張り出しにステイせせることも出来て、バスに対して見せて誘い、スイミング

で喰わすといったアプローチが容易に出来ることも見逃せません。

その日のバスのポジションを見極めて、是非ビッグフィッシュをキャッチしてください。

キーは濁り・岩盤・ボリューム・スローアクションです。