COLUMN

ボトム攻略のアプローチ

こんにちは!

ティモンフィールドスタッフの神山です。

今回は、栃木県大田原市にあります、キングフィッシャーさんにお邪魔させていただきました。

今回のテーマは、ボトム!

キングフィッシャーさんで数を伸ばすためには避けては通れないこのメソッドに焦点を当てて、釣りを楽しんできました。

現在ティモンでは、Tグラベル、タップダンサー、ダートラン、そしてクロボールと、たくさんの種類のボトム系ルアーがあります。

当日はすべて釣れましたが、なんといっても爆発的だったのはクロボール!

近年ボトム系ルアーも増え、様々な角度からアプローチされ簡単には釣れなくなってきていると私自身感じることもありますが、クロボールは他のボトム系ルアーで釣れないときでも、トラウトを絞り出すパワーがある。と感じています。

使い方は他のボトム系ルアーと同じで、ボトムまで落としてからロッドを使って跳ね上げたり、リールを素早く巻いたり止めたりするデジ巻き、竿先をプルプルと振りながらゆっくりリールを巻くシェイキングなど、特殊な使い方は必要なし。

もちろん、クロボールが効かずにタップダンサーが爆発する、といった状況もありますが、一種類のルアーだけ使って、「今日はボトムはいまいちだな。。。」と考えるのではなく、プラグ系がだめならクロボールやTグラベルなど、別のボトム系ルアーでアプローチすることが非常に大切です。

ちなみに、クロボールはアイが二つ付いているけどどっちに着けたらいいの?という疑問をよくお聞きするのですが、私なりの使い方では、「2gは前、3gは後ろ」がベースとなっています。

この日はボトムに焦点を当てて釣りをしましたが、もちろん、もう一つの鉄板パターン「トップ」もよく釣れましたよ!この日はノーマルのデカミッツでなく、音でも誘えるデカミッツラトルのほうが好調でした。

ぜひ皆さんも、ハイシーズンのエリアフィッシングをティモンルアーで楽しんでみてください!

 

<< >>