お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

メガロドーンのみで晩秋の河口湖にアタック!

皆さんこんにちは。
 
プロスタッフの早野剛史です。
 
日に日に寒くなり冬を強く感じる季節になってきましたが、皆さん如何お過ごしでしょうか?
 
先日ですが、メガロドーンのみで晩秋の河口湖へ検証しに行って参りました。以前もアタックしたのですが開始してすぐロストしてしまい今回リベンジという流れになりました。

 
湖のコンディションは水温13度で水質も秋のターンオーバーの濁った水質から回復して河口湖本来のクリアな水質へ。そんなタイミングでの釣行となりました。
 
11月末という事もあり、開始して暫くはバイトが無かったものの冬らしい溶岩帯のエリアで知人のスローロールするメガロドーン1.5ozに貴重なバイトが。

知人が無事ナイスフィッシュをキャッチ。
 
ボトムまでフリーフォールさせて、ボトムをズル引く感じでスローにリーリングしてきて起伏のある溶岩にコンタクトした直後のバイトだったとの事でした。
 
それ以降は、ロケーションや水深も浅い水深から深い水深まで攻めていきますが中々そううまくはいかず夕方へ。
 
夕方になり、ポロッっとバイトが出るようなコンディションになり本当のラスト一投で私にも貴重なナイスフィッシュ!

このバスも、溶岩へコンタクト直後でのバイトと如何にディープの溶岩の起伏をタイトに巻くことが出来るか?がキーになった釣行でした。
 
関東のハイプレッシャーレイクの河口湖でも、メガロドーンが十分結果を出してくれることを証明してくれました。
 
2017年の夏~秋はメガロドーンが、釣果を賑わしてくれそうですね。