お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

TOP50第4戦桧原湖(郡司潤)

こんにちは。
郡司潤です。
JBTOP50桧原湖戦
今回試合でメインになったのがナカタジク1/4ozを使ったフットボールジグです。
トレーラーはチャンクロー3″を使いました。
プリプラクティスからよく釣れてライトリグで釣れなくなった時や食ってくるサイズが小さい時にナカタジク1/4oz&チャンクロー3″を使うと一撃でバイトがあったりサイズも大型のスモールが食ってくる時が多くありました。
ロッドはBPM BC65M

ラインはレッドスプールBFSの7lbを使いました。
試合初日では前日プラクティスで魚探でベイトとスモールが多く確認できたエリアに入りナカタジク1/4oz&チャンクロー3″で一投目からバイトラッシュ!
ディープフラットエリアをメインに魚探を見ながらベイトとスモールを確認してダウンショットリグを使いながら反応が無くなったタイミングでナカタジクを投入しながら釣って行きました。
細かな入れ替えをしながらいろんなエリアを回りましたがウエイトが伸びずに初日5匹で3435gで36位。

初日の結果を見てウエイトがすごく団子状態で数g差で順位がすごく変わる試合になり、2日目は4キロ近いウエイトを出さないと厳しいと思いました。
2日目は初日に一番反応があったエリアに朝イチからスタートして同じナカタジクとチャンクローを使いながらすぐにリミットメイクはできました。
約600g前半から後半ぐらいが揃ってウエイトは約3キロ前半ぐらい
ここからサイズを上げるためにどうするか悩みながらとにかく釣りまくって少しずつ入れ替えして行きました。
700g台が釣れて11頃には推定約3500gぐらいまでウエイトが上がりましたが、それから釣れてもなかなか入れ替えができずに凄く苦しみました。
釣っても釣っても600g台、700g以上の壁が襲いかかりました。
なんとか最後に700後半が入りウエイトアップしましたが、結果2日目3680g25位。

目標だった4キロは届かずに総合33位でフィニッシュとなりました。
2日目もウエイトが団子状態になり結果を見ても数gが命取りになる試合でした。
しかし今回の桧原湖戦でメインになったタックル BPM BC65M レッドスプール7lb ナカタジク&チャンクローは凄く活躍してくれました。

 ラージ・スモール問わず、ディープに散った魚を効率よく探るのに適した釣り方ですので、良かったら参考にしてみてください。