お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

片岡流 アイシャッドテール新色の使分けとは?

皆さんこんにちは、片岡壮士です。
今回は近日発売となる “アイシャッドテール” の新色について書いていきたいと思います。
僕がリクエストさせていただいたのは4色となります。
この4色に共通して言えるのは、ブレイクブレードのカラーに合うように作りました。

【ブラックブルー】
“オリジナルブレイブレード” では「ダークブルー」「ブラックシャッド」「ダークギル」。
“ウィニングスペック” だと、「WSブラックブルー」「WSファイヤークロー」などに合わせやすいカラーです。
 

【ダークパンプキンオレンジ】
オリジナルブレイブレードでは「ブラックシャッド」「クリーンパンプキンペッパー」
「マイティーザリガニ」「ダークギル」「ゴールデンシャッド」。
ウィニングスペックだと、「WSクロギル」「WSゴールドギル」
「WSファイヤークロー」などに合うカラーです。
ブラックブルーとダークパンプキンオレンジの2色は様々な場面で使用出来ますが、
使い分けはベイトを捕食している場合はブラックブルーを使用し、
甲殻類系を捕食している場合はダークパンプキンオレンジをセレクトします。
 

【ダブルチャート】
“オリジナルブレイブレード” だと、「グリパンチャート」「ベイビーアユ」「セクシーチャート」。
ウィニングスペックでは、「WSライム」「WSゴールドギル」にも意外と合うカラーです。
ダブルチャートはチャート好きにはたまらないカラーですね。
チャートカラーは水中で目立つと思われがちですが、
水の色によってハイアピールカラーにもナチュラルカラーにも変化するカラーなので使用頻度は高く、
常にローテーションの中に入ってくるカラーです。
 

【ピンクパールクリアーシルバー】
このカラーは望んでいた方が多いはずです。
“オリジナルブレイブレード” では、「セクシーPPシャッド」「ホワイトシャッド」「パニックワカサギ」。
ウィニングスペックでは、「WSクリアーピンク」「WSゴールドギル」
「WSクリアーワカサギ」「WSジャパンシャッド」などに合うカラーです。
ワカサギやアユ、ハスやボラなど細身、シルバー系の魚を捕食しているときに効くカラーです!
 
このようにブレイブレードとの組み合わせ、使い分けをご紹介しましたが、
アイシャッドテール単体でも、もちろん良く釣れます!
春のヘビーダウンショットやリザーバーでの表層ピロピロ系などの釣りでは強いルアーで、
そのカラーローテーションに確実に入ってくるカラーですので、
みなさん是非フィールドでお試しください!