お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

初秋のロックフィッシュゲーム

皆さん、こんにちは。北海道の甲斐です。

夏枯れから秋に少しずつ移行している北海道のロックフィッシュ。
いよいよ発売となるシザーコームロックフィッシュを持って、太平洋の室蘭まで足を運びました。

ロックフィッシュのメッカと呼ばれているフィールドでも夏枯れの影響は大きく出ており、更に水温上昇の影響も相まって、例年ポツポツ釣れるグッドサイズのアイナメですら釣れない状況です。

この時期のアイナメは水深のあるエリアや流れが強くあたるエリア、流れの絡むハードボトムなどの水温が少しでも低くなるエリアに執着しやすくなります。

そして、サイズによって、そのファクターに対して敏感か鈍感かというところも関わってきます。
基本的にはビッグサイズほどそのファクターに敏感になりやすく、小さいサイズは比較的鈍感なように思います。

今回回ったエリアは流れや潮流の影響を受けやすいスポットをメインに回りましたが、やはりそう簡単に釣れるわけではなく、鈍感だと思っている小さいサイズのアイナメに遊んでもらえました。

《シザーコームロックフィッシュ2.5インチ セクシーウィニー》+14gフリーリグ

2.5インチはこのサイズのアイナメでもフックアップできるのが強いところです。
大きいサイズに拘る場合はまた変わってきますが、釣って楽しむにはもってこいのサイズです。

その後、別のエリアで秋の風物詩と呼ばれるケムシカジカもヒット。

ケムシカジカは秋のアイナメのスポーニングシーズンと同時期にスポーニングに入るカジカです。

《シザーコームロックフィッシュ2.5インチ セクシーウィニー》+17.5gフリーリグ

この時期のアイナメを釣り上げると、オレンジ色の卵を吐き出すことがありますが、それはこのカジカの卵です。
アイナメはスポーニングの時期はこのケムシカジカの卵を捕食して、産卵前の栄養補給や産卵後の体力回復をすると言われております。

そういった理由から、秋には威嚇カラーではなく卵をイミテートするカラーとしてオレンジやパンプキン系のカラーが多用されます。

セクシーウィニーはオレンジやパンプキン系とは少し違いますが、この透過の具合とブラックフレークが卵のように見えるのがポイントで、この時期に効くカラーになります。
ぜひ、お試しください。

残念ながら、今回はビッグサイズのアイナメはキャッチすることはできませんでした。

ただ、ロックフィッシュシーズンが少しずつ近づいてきているのを感じることができたので、ぜひこの甲殻類にも小魚にも化ける、スーパーオールラウンダー「シザーコーム ロックフィッシュ」をもって、ロックフィッシュゲームに挑戦してみてください。