お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

早冬のライトロックゲーム

みなさん新年明けましておめでとうございます。大分のジャッカルフィールドスタッフの一宮です。

すっかり寒くなってきたこの季節、ライトソルトアングラーの人気ターゲットのメバルのシーズンがスタートします!
この冬からメバリングを始めてみようかと思う方におすすめのアイテムがあります。
それがBRSシリーズのアジ、メバルカテゴリーのBRS-S64ULBRS-S68UL+です。
この2本のロッドは汎用性が高く、ライトゲームの幅広いシュチュエーションで活躍してくれると思います。

2本の違いですが、BRS-S64ULは軽量のジグヘッドでも扱いやすく、小さなアタリも感じ取れる高感度で繊細な釣りに向いており、BRS-S68UL+は小型のプラグなども扱え、バット部分が強く設計されているややパワーが必要とされる釣りに向いています。

今回はBRS-S68UL+を使った釣行の記録も紹介したいと思います。
当地大分ではこれからメバリングシーズンを迎えますが、メバルと同時に小型の根魚、クロソイやタケノコメバルのシーズンもやってくるのです。

メバリングをしている最中に、突然バイトしてくることもしばしばあります!強烈な引きをするこの二種のパワーは侮れないので、S68UL+を使用し不測の事態に備えておくのです。
この日の釣行は北風が強く、港内にも風波が立ちメバルも底の方に沈んでいる状態でした。新作ワーム、タイドビート2+キビキビダートジグヘッド2.1gを使い、ボトムを丁寧に探っていきます。風波の影響で潮流が早い状況でしたが、タイドビートのリブでしっかりと潮流を掴むことができたので、ルアーの位置はしっかりと把握できます。そしてシャッドテールの微波動で底に広範囲に潜む魚にアピールする作戦です。
しばらくするとゴンと明らかにメバルとは違う強烈なバイトがありました。根に潜られないよう強引にファイトをしていきますが、S68UL+のバットのパワーは十分なので魚に主導権を与えずにやり取りができました。上がってきたのは大分では良型のタケノコメバルでした!

続いて、同じようにボトム付近にてバイトがあり、瞬間に根に潜られましたが、グイッと強引に引きはがす事もでき、二匹目のタケノコメバルも釣りあげることが出来ました。

他にもクロソイや、メバルも釣りあげることが出来、冬の楽しいメバリングを堪能することが出来ました。
寒い冬ですが、これから海の中は熱く盛り上がっていきます。皆さんもぜひ挑戦してみてください。

タックルデータ
ロッド:BRS-S68UL+
リール:スピニングリール2000番
ライン:PE0.3号
リーダー:フロロ0.8号
ルアー:キビキビダートジグヘッド2.1g+タイドビート2″(グロー)