お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

大分ちびチヌゲーム

こんにちは、大分のフィールドスタッフの一宮です。

梅雨時期になり水温も上昇し、河川などのフィールドでチヌ(クロダイ)釣果が上向いてきています。
そんな中、私もちびチヌヘッドちびチヌ蟹1”のセットでチニングを楽しんでいますが、チヌだけに留まらないちびチヌシリーズの威力を実感しています。

今回の釣行は前日に大雨が降っていたので、普段より上流にまでチヌが遡上しているのではないかと予想し、上流部へ。
上流のポイントには沢山の蟹がいました。こんな時はちびチヌ蟹がマッチします。

アプローチの仕方ですが、川の流れに対してアップクロスキャストし、上流から流れてくる蟹を演出しながら探っていきます。
しばらくするとゴンと叩くアタリ!良い手応えを感じながら上がってきたのは良型のキビレでした!

さらに続けていくと、チヌ以外の魚が…!

前回のレポートで根魚の釣果を紹介しましたが、今回はなんと、マゴチが釣れました!

恐らく、甲殻類を求めて遡上してきた個体だったのだと思いますが、ちびチヌ蟹のちょうどいい一口サイズで食い込みが良かったです。

今回はチニングをしていたら釣れてきたので、釣り方も底をズルズル引いてくるだけでした。
ちびチヌシリーズの新たな可能性を感じた釣行で、今度はフラットゲームにも挑戦してみたいと思います。

何でも釣れちゃうちびチヌシリーズをぜひお試しください。