お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

石川県穴水鯛カブラ

こんにちは、富山のフィールドスタッフ木田勝也です。
今シーズンあまり調子のよくなかった石川県の穴水でようやく真鯛が釣れ始めたとの情報をアルベルトさんからいただき地元の釣友とタイラバ釣行へ行ってきました。

前日まではかなり調子が良く期待していましたが、まさかの早朝の地震発生。
地震発生時にはなぜかあまりよい釣果が出来ないのですが、午前便では数はあまり出なかったが80モンスターが出たということで期待が膨らみます。

昼からの午後便で出船

12:30の出船。
約20分でポイント到着し80mラインをビンビン玉スライド80gで探り始めます。
大潮、下げのタイミングで釣り始めたので潮が速く底が取り辛いので120gに変更してゆっくりと巻いていると早々にヒット。
まずまずのサイズのキジハタでした。

こちらは丁寧にエア抜きしリリース。

その後、さらにバイトがあり、今度は真鯛特有の引きで上がってきたのは40㎝ほどの食べごろサイズの本命キャッチ。
リリースしたキジハタの恩返しか、今シーズン初獲物でとりあえずホッとしました。(実は何度か釣行していましたが釣果に恵まれず…涙)

その後根魚がポツポツと釣れ、潮止まりのタイミングで午前便で良かったという40mから30mへかけ上がるポイントへと移動すると魚探にベイトフィッシュ反応がすごく出ています。

浅場なのでヘッドを80gに戻すも底潮が思いのほか早く100gに変更。
キジハタを何匹かキャッチしましたがさらに早くなり120gへと変更し、スカートもカーリーのグリパンとストレートのイカナゴゴールド使用の変則型Wアピール仕様とします。
しっかりと潮をとらえることができたのが功を奏したのか、それからサイズはともかく怒涛の真鯛3連発(40㎝クラス)。

さらに良型のキジハタも混じり、満足のいく釣果となりました。

今回は新製品のビンビン玉スライド156gを持ち込んでの釣行でしたが残念ながら登場機会はありませんでした。
但し、最初のポイント(80mライン)で底潮がカッ飛ぶような場合では必要となりそうなのでこれからポイントが深場へ移っていきますので次回は必要になりそうです。

今回はサイズには恵まれませんでしたが、春シーズンあまり良くなかった穴水がようやく釣れ始めました。今後に期待です。

使用タックル
ビンビン玉スライド 80g~120g