お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

東北ロックに荒効き!カラーローテション!!

皆さんこんにちは。

今回のレポートはロックフィッシュ!!

シーズン真っ盛りの宮城県へ行ってきました。

お世話になったのはジャッカルチームの凄腕ガイド である『魚心』の伊藤さんです。

 

水深5~10m前後の岸周り。

雄勝湾の岩場周りにスポーニングを意識して集まってきたアイナメの群れを狙い撃ちました。

潮毎に1陣、2陣と魚が入れ替わるようで、大釣り&大型のチャンスです。

タックルは、7ftクラスのヘビーロッドにフロロカーボン4号を使用し、

シンカーは1ozのテキサスリグ。

フックは#1~#1/0のオフセットフックを用意しました。

ヘビーテキサスに関してですが、ペグなしで使用するのがポイントです。

 

そして今回の旅で大活躍したのが、アイシャッドテール3.8″!!

スリムな形状と安定したアクションのテールがまさに絶妙で、

サイズも口が小さめのアイナメにベストマッチ!!

ロックフィッシュの為に生まれてきたようなアイテムですね。

 

アクションはシーズンや、その日の状況によって異なりますが、

基本的には根回りを丁寧にリフト&フォールするのが有効的で、

大きく中層までリフトしてから、フォールでバイトを誘うイメージです。

この時シンカーをフリーにして、ワームを中層でフワッと置き去りにするのがミソでした。

アイシャッドテールは絶妙な水噛みで誘いのフォールアクションを演出してくれます。

 

同じような効果を期待して持参したシザーコーム3.8″も、

スリムなボディのおかげで、ショートバイト対策に効果絶大でした!

 

そして、今回勉強になったのがカラーローテーション!!

ロックフィッシュって赤やオレンジのワームを使用するイメージありませんか?

普段慣れ親しんでいない我々にとっては、余計に固定観念が強くあります。

しかし、考え方はバスフィッシングと同じでした。

この日のローテーションは、

ローライト&濁りではグリパンやコーラなどシルエット重視。

澄んだエリアや浅場ではクリア×ラメやパール系でベイトフィッシュを意識。

夕マズメではハイアピールなチャート系。

状況によって面白いようにアタリカラーの変化が実感できました。

皆さんもアイシャッドテールのソルトver.のみならず、

バス系のラインナップもフル活用してロックフィッシュゲームを満喫して頂きたいですね。

 

この日使用したのは、

・ブルーバックイワシ

・カタクチ

・グローチャート/クリアーシルバー  のソルトウォーターカラーに加えて、

 

・グラスギル

・コーラブルーフレーク/ライトコーラ

・ダークアンバーブルーフレーク

・グリパンゴールド/パールシルバー

・ダークサンダー/クリアーシルバー

・ブルーギル/パールホワイト

 

シンプルなだけに奥が深いゲームでしたよっ。遠征をご検討の方は今がチャンス!!