お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

15年以上ぶりの山陰の海。新型バイブレーションテストへ‼

皆さんこんにちは、嶋田仁正です。

皆さんGWはどうでしたか?私は11連休という久しぶりの大型連休になりました。

まあ・・結構無理して取った休みなんですけどね(笑)

本来なら海外へ・・という感じなんですが、今年は特に釣行回数が少なかったので、

普段の釣りに時間を割くことにしました。

 

特に力を入れたのは、この夏?発売予定の新型バイブレーションです。

フィッシングショーで展示されていたので、目にされた方もいらっしゃったかと思います。

ここ数年、私のテーマになっている「原点回帰」に関わってくるルアーでもあります。

 

このバイブレーションを使って、数年振りに山陰中部へ行ってきました。

目指したのは米子、松江そして境港。

島根半島含め、山陰中部は独身時代も含め、5年以上住んだ街でもあります。

多分、シーバスのキャリアが15年以上の方はご存知かも知れませんね?

元々、全国デビューとなったのはこの山陰の地からでした。

当時はバイブレーションの使い手として名を馳せていた感じです。

今のイメージとは違うと感じるでしょうね。

得意なフィールドは中海〜宍道湖、磯、サーフなど。

特にサーフの釣りは自他共に認める自信のロケーションです。

 

今回はこの新型バイブをメイン使用したかったので、境水道へ釣行しました。

広島など比べようもないほどの激流を生む水道部です。

水深は平均で10m前後はありますので、基本はバイブレーションの釣りが主となります。

特に鉄板系バイブの登場で、その攻略は劇的に変化したと思います。

ビッグバッカーに新型バイブを駆使し、60cmオーバーのマゴチに、

有に80cmを超えるプリプリのランカー含め数釣りを堪能してきました。

 

ちなみに瀬戸内ボートゲームでは、ベイスカッドのジャークで大型チヌ、

新型ミノーでナイスサイズのシーバスもゲットです。

15年以上振りに入ったポイントでしたが、山陰の海は私に優しかったようです。