お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

スレン80Sで90UP!ランカーシーバス捕獲の詳細。

いよいよ発売となったスレン80S。

120Sのダウンサイジングでしょ?と侮ってはいけません!

実は兄貴分の120Sと遜色の無いランカーキャッチ率を誇っています。

元々は東京湾奥を主眼に置いたサイズ、アクション設定ではありますが、

今年のように、イナやボラ稚魚系がメインとなる時期が長引いている時には、

この80サイズの効果が抜きん出て優れる時も多くあります。

 

それが明暗フォール。タフであればあるほど効果的なこのテクニック。

秋シーズンを迎え、どのポイントも連日叩かれまくっています。

そんな時にこのスレン80Sの投入です。

使い方は至って簡単。明暗の「明」の部分。

流れにもよりますが、「暗」の部分から1~2mほど離れた「明」へキャスト。

そのままややラインを張りながら、ゆっくりと「暗」へ流し込んでいくだけです。

コツとしてはリーリングは控えめにし、代わりにロッドを煽りながら軽くリフト&フォールするだけです。

動かし過ぎないのがコツです。なにせ他の攻めでは反応しない天才シーバスです。

この攻めは水深は関係ないので、陸っぱり、ウェーディングどちらでも効果的です。

 

広島もやっと水温が下がり始め、秋の気配を感じるようになりました。

そこで東京湾奥河川でハマっている、スレンのフォール攻めを広島河川でも本格的に導入してみました。

結果は・・

長潮の上げ5分という、ほぼ全く動かない潮でも90アップ!

叩かれまくった有名ポイントの橋脚でもブリブリ6kgクラスをゲットするなど、

場所を選ばず結果が出ています!

 

今秋は120Sだけでなく、是非80Sもローテーションに加えて頂き、

想い出に残る秋シーズンにして下さい!