お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

ひとつテンヤ 玄海灘テスト釣行

みなさんこんにちは、宮本英彦です。

先日、九州 福岡から玄海灘でのひとつテンヤに挑戦しました。
フィッシングショーに向けてのイメージ撮影。


そして、今年試しているプロトタイプのテンヤの評価も兼ねての遠征でした。

お世話になった飛燕さくら丸さんは、博多の町から港までは車で10分とアクセスに便利。

ポイントまでは約1時間30分走り、快適なキャビンでウトウトしていると、

目の前には壱岐島が見え始めて玄界灘での釣りがスタートしました。

 

水深は30m前後ですが餌取りも多く、テンヤを底に付けずフォール主体で狙うのがご当地流だそうです。

エサは何と生きたサルエビ!、エサ持ち抜群なので入れ替えでも頭が取れません。

タックルは2セット、鯛夢245MとH、テンヤは5号と8号をセット。
最初は鯛夢245M。テンヤはビンビンテンヤ夜光5号からスタート。

期待の一投目はロングキャストでカーブフォール主体で狙います。

少し余分にラインを出して着底前にベールを返してリフトしながらフォールさせます。

 

 

すると竿先にクククンっとアタリ~、合わせも決まりやり取りスタート~。

 

まずはワラサ~でも嬉しい外道です!

 

続いて・・・イシダイ!!

続いて大型イサキ!!

素晴らしい!!玄界灘気に入りました。

 

数枚の小型マダイを釣った後・・・

 

もちろんこの後直ぐに本命マダイも登場。

強烈な引きでラインを出す三段引き~間違いなく本命マダイです!

サイズは中ダイ2キロオーバーでした!

 

今回はキャストをメインに釣って行きました。
釣り方はカーブフォール後、潮にテンヤが流されラインが張った状態を作って静止。
テンヤがステイに近く馴染んできた時にアタリが現れます!

今回、途中で船下も試しましたがキャストで狙った方が圧倒的に効果的でした!

 

実はこれはプロトのテンヤにはピッタリな状況なんです!

まだテスト中の段階ですが、カーブフォール時の姿勢の安定性や底取りの良さに優れたモデルにできそうです。

ロッドを鯛夢245Hに持ち替えテンヤもプロトの8号スパークレッド!

 

ここでもキャストして広範囲をフォールメインで狙うと大当たり。


すぐに中ダイが釣れ、

 

更には大型のキジハタや、

 

2Kgクラスのクエの子まで釣れてしまいました。
遠征には持って来いのフィールドでした!!

西でも東でも、ひとつテンヤの面白さは変わりません。

ひとつテンヤの魅力を存分に堪能できた内容に満足です!!