お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

飯岡梅花丸さんでひとつテンヤマダイ釣り

みなさんこんにちは、宮本英彦です。
10月10日、飯岡梅花丸さんへひとつテンヤマダイ釣りに行って来ました。

タックルはロッド鯛夢245M リールステラC3000XG PEライン0.8号 リーダーフロロ2.5号5m

ビンビンテンヤ夜光8号。

最初のポイントは45mラインの漁礁です、ピンポイントを狙うので船はエンジン流し主体です。

まずリフト&フォールでステイの時間を長くしましたが、アタリが出ません。

 

そこで小まめに入れ替えを行うと、間もなくゴンっと引っ手繰るようなアタリ。

合わせるともの凄い引きが伝わります。

リールからはラインが出され中々巻き取る事が出来ませんでした。

相手も弱り始めたかと思うと、再び走り出すと言う展開が続きます。

何度も突っ込まれましたが、何とか水面に浮かせてネットイン成功。

 

検量すると5.4キロの大ダイ、何と1枚目から大ダイでした。

この数分後再びドカーンともの凄い引きが伝わり、
数分間やり取りしましたが残念ながらこちらはフックアウトでした。

 

この後30mラインへ移動して、ここからはプロトタイプのテストです。

8号試作テンヤをセットし試しました。

キャストしてリフト&フォールで狙うと、
フォールに反応が良くここから連発が続き釣り方が合ったようです。

実はテンヤに秘密が隠されているんですが、それはまたテストが進行次第お教えします。

こうしてポイント移動の度に釣る事ができ、釣果はマダイ9枚と大満足な釣りが出来ました。

9枚の内8枚はプロトテンヤで釣り、テストも上手く行きました。