お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

伊豆釣行記!!

静岡県伊東から出船してきました。

まずは、ひとつスッテのヤリイカ狙い。

 

最初のポイントは水深90~100m、

今回のタックルは青帝TENYAMADAI245M リールC3000ハイギヤ 

PEライン0.6号 リーダー2号1.5mと、ひとつテンヤタックルそのままです。

 

スッテはタングステンスッテ15号の緑/夜光でスタート。

底立ち後、細かくシャクリながら10mまで探りアタリがなければ再びボトムまで落とし込み同じ動作で誘い続けます。

 

数回目のシャクリで幸先良くドーンっと乗りました。

 水深100mからですと上げるだけでも大変。

 でも、獲物がヤリイカなので一生懸命リールを巻き続け胴長40cm級。

 

この後もポイント移動の度にヒットが続き、

ひとつスッテが有効な兆しをここでも垣間見る事ができましたが・・・

残念ながら時合いも続かずパターン確立・・とまではいかず。

 

なんとか水深100m程度までならゲームになりますが、

水深が120m/130mと深くなり、最後の方は140mまで狙いましたが、

こうなるとゲーム性に欠けてくるのも今後の課題ですね。

それと、この日は日が高くなったらヤリイカの移動も早く、

反応を追いかけても直ぐにイカ達も移動してしまうようでした。

 

結局ヤリイカ5杯スルメ2杯でアタリはなくなり、

12時頃には新島まで走りひとつテンヤをやる事に。

 

 

 タックルは当然そのまま!!これが魅力です。

ひとつテンヤタックルは非常に汎用性に高く、

多種多様な釣りに一本で対応してしまい事が出来ます。

 粘りがありパワフルな青帝TENYAMADAIシリーズは特にどこにでも持って行く事が出来るでしょう。

 

先日もアオリイカ狙いのティップランエギングで使用しました。

ひとつスッテゲームが試せるのも、

この気軽なタックル準備で済むからこそ。

 

ただしリーダーだけは5mに組み直し、

ビンビンテンヤ8号チャートグローをセット。

さあここからは、ひとつテンヤです。

 

 新島でのポイントは水深25~30mの岩礁帯になります。

パラシュートアンカーで船を流しながら釣りスタート。

新島では磯からですが、数日前に12キロの大ダイが釣れています。

 

そして、来ました強烈なアタリ!!

潮の流れに乗って引き味倍増って感じです。

 

少し慎重なやり取りの末、水中にボンヤリ見えた物体は本命真鯛。

 水面に浮かせてネットイン成功、目測で約3Kgクラス。

 

今回も新島真鯛は健在でした。

この1枚で皆の活性も上がり黙々と釣り続けます。

 

やはり真鯛は王様です。

釣れた後の価値観が全く違います。

 

そして今回はこれでは終わらず。

サイズも先程と同サイズをゲット!!

 

この間にもアカハタ・フエフキが釣れています。

度々訪れる強烈な引き・・・

真鯛と間違えてしまいますが正体はフエフキダイ。

これもドキドキ感を倍増させてくれます。笑 

 

こうして3Kgクラスの真鯛を3枚釣り。

その他フエフキダイ・アカハタと大漁となり約3時間の釣行は終了となりました。

 

思惑通り、今回は全て同じタックルで楽しめ、ひとつテンヤタックルのポテンシャルの高さを改めて証明出来ました。

 

今度は新島名物アカイカもひとつスッテで狙ってみたいと思っています。

そんな訳で色々と楽しんでみたいと思います。