お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

外房ひとつテンヤ のっ込み真鯛開幕!!

横浜フィッシングショーが終わり、

翌日に早速大原へマダイ釣りに行きましたが・・・

激荒れ・大風・おまけに大雨と散々な目に合いました。

ワラサや小型マダイは釣れたものの、

狙いは常に大ダイなので決して満足行く釣果ではありません。

 

しかし、のっ込みは近いはず。 

 

 

そこで、我慢しきれず再び大原新幸丸さんへ。

 

 

ようやく、今期の開幕を告げてくれる 

4キロの大ダイを釣る事が出来ました。

 

 

ポイントは水深60m、

タックルはロッド青帝テンヤマダイ245M 

ビンビンテンヤ10号チャートグローをセット。

 

ヒットの状況はというと、

この日の潮はトモへ流れる払い出し状態。

 

釣り座は大ドモでしたのでラインの流れは後方へ。

丁度リフト&フォールでスティしていた所で、クンっと竿先が持ち込まれたので、

そのまま反射的に合わせると、ゴンゴンギューン!!

リールからラインがジージジーっと出て行きました。

 

これは間違いなく大ダイとすぐに判断できる激しいファーストランでしたが、

後方へ走りましたので安心してやり取り出来ました。

 

しかし、とにかく潮に乗って走る走る。

それでも大ダイ特有の走りが止まるのを時間をかけて待ちました。

止まれば後は釣り人が有利となり、少しづつラインを回収へ。

 

途中、残り50m・・・ではなく100mと解り驚きましたが、

本当に元気なマダイでした。

 

ラインはPE0.6号にリーダー2号なので無理は出来ません。

それでもマダイとの距離は少しづつ縮まり残り10mで水中にボンヤリ白い物体を確認。

 

水面に浮かせて一発でネットインに成功。

少し痩せていましたが4キロの大ダイでした。

 

これからがのっ込み本番、

今回もビンビンテンヤに助けられました。