お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

心躍る大鯛情報

先日レポートした大会の翌日、

なんと新幸丸さんでの今季レコードとなる8,4キロが釣れたそうです。

これはチャンスと思い早速27日、

再び新幸丸さんへ行って来ました。

 

しかし天気はあいにくの雨予報、

しかも朝の内には雪になるかも知れないと・・・最悪です。

 

それでも10名のマダイ師が集まり、5時過ぎに出船。

 

釣り座は抽選の結果、

右舷ミヨシから2番目、こうして片舷5名づつ別れました。

 

朝の内は小雨でしたが、

途中からもの凄い雨となり寒さも増してきます。

 

水深45~55mを狙いましたが、

どうもここ最近はこの水深がマダイの適水温らしくアタリが集中します。

 

ファーストポイントでは型が出ずも 

次のポイントでようやくポツポツ釣れ出し私も何とか1枚目。

更にこのポイントで私が2枚追加。

 

何と左舷大ドモで3,6キロの大ダイ。

 

このポイントに大ダイが居る事を証明してくれました。

 

しかし、そう上手く行かないのが釣りですね。

結局も大ダイはこれ1枚のみ。

更に途中から海が荒れて、午後船は中止となったほど。

 

しかし、相変わらず外道も多く釣れ、

昨日の釣果はマダイ0,6~1キロ4枚。

ハナダイ1枚・ホウボウ1匹・ウマズラ1匹・大型ショウサイフグ4匹と、

結果的には賑やか。

 

しかし大ダイが居る事は間違いないので、

後は何時自分に掛かっても良いようにしっかり準備万端でスタンバイするのみ。

 

天候に悩まされながらも大ダイが動き出すこの季節。

もどかしい思いをしながらも、ついつい来週も再び大原通いが続きます。

 

それは例え大ダイが釣れても続くと思いますけど。