お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

仲間と大会

今回は先日の実釣レポートをお届け致します。

 

2月24日 日曜日。 

大原新幸丸さんにて、午前船を仲間15名で仕立てました。

マダイ3枚の重量で競い合う仲間内の大会です。

 

ルールは特にありませんが・・・釣り座だけは抽選を行います。

この時ばかりは喜ぶ者にがっかりする者と様々です。

 

私は大大ドモを確保し、気合十分。

 

 5時過ぎに出船し、

ポイントは水深45~50mラインから開始。

 

タックルは2セット用意。

青帝230MLにビンビンテンヤ5号のグロー。

青帝245Mにビンビンテンヤ8号のグロー。

この組合せが宮本流。朝一番は特に効果的です。

 

さて、

実釣の結果はと言うと・・・ 

なかなか上手くはいかないものです。

 

朝のうちは、特に凪で釣りがし易かったものの、

アタリが少なく厳しい展開になりました。

 途中までは、サイズも0,4~1キロまで・・・と伸び悩む展開。

 

それでも時間が経つにつれて、風が強まる中、

徐々に1,4~1,7キロと良型が数枚釣れ、

皆 入替えを目指す状況になりました。

 

結局、この日は潮の流れ自体が緩く、

終日 水深50m前後でも5号で簡単に底立ちが取れる状態でした。

 

そんな中キーとなったのは、

3~5回程度のリフト&フォールを繰り返しては、すぐに入れ替えをする事。

私も少しでも新しい所へテンヤが入る様、努力をしました。

 

全体的の釣果としてはそれぞれ マダイ1~7枚。 

サイズは、最大1,7キロと盛り上がりにかけましたが、

ひとまず全員がマダイを釣ったので助かりました。

真冬の釣果としては、まあまあだったかも知れません。

 

私は1850グラムで4位。

マダイ0.4~0.8キロ5枚とハナダイ4枚などでお土産にはなりましたが、

決して満足行く釣果ではありません。

 

 ちなみに上位の釣果は全てビンビンテンヤ。

 と言うか、ほとんどがビンビンテンヤを使用者でしたね。 笑

 

大ダイ目指してこのあとも続けて釣行してきましたので、

近いうちにまた釣果レポートを更新したいと思います。