お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

レーザージグでナブラを迎撃。

吉村フィールドスタッフより釣果ご報告を頂きました。
初めてのフィールドでも、抜群の情報収集力と観察力で確実釣果をあげられるのは流石です。
エキスパートならではの戦術は、皆さんの釣行のヒントにもなるのではないでしょうか。
以下、レポートをご覧ください。

フィールドスタッフの吉村です。
普段は東海地方を中心に釣行しておりますが、今回は関東遠征のご報告です。
null

仕事で千葉に来ていてポイントは右も左もわからない状況からスタート。
とりあえず富津岬へ行ってみたがマリンスポーツを楽しむ人でとても釣りができない・・・

しかし、沖に目をやると鳥山ができて何やら騒がしい。釣りになりそうな場所はないものかと
岬の展望台から地形を見ると近くに港があり、沖に防波堤が延びている。

ナビを使って港に到着し早速準備を開始。
ナブラの主は青物だと予測はできるが、追われているベイトが何なのかが気になる。

サビキ釣りファミリーのバケツの中には8cmほどのトウゴロウイワシ。
ベイトはコイツに違いないだろう。

不思議とルアーマンの姿がない・・釣れないのか?と不安になるものの。
サヨリ狙いというオジサンがナブラは目の前でも発生すると教えてくれた。

足元にはベイトと思われるトウゴロウイワシ。
缶コーヒーを飲みながらレーザージグ20gをセットしナブラ待ち。

間もなく、足元のベイトが急に慌ただしく動き出すと数秒後にはナブラ発生!
慌ててキャストするもナブラは一瞬で沈み、ルアーには反応しない。

ナブラは散発で狙いずらいが、よく観察していると動きが読めてくる。

そして、
先回りしてナブラを迎撃すると一発で食ってきたのは40cmほどのイナダ。
null
同じ作戦で数匹キャッチするとナブラの周期が長くなりチャンスタイム終了。

また、駐車場に戻るまでベイスカッド95を打ちながら帰ると、40cmのヒラメがヒット!
null
オマケがついてラッキーな釣行となった。