お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

富山湾サーベルゲーム

みなさん、こんにちわ!富山のフィールドスタッフ木田勝也です。
僕の地元、富山湾で太刀魚が釣れ始めたとの情報を地元の遊漁船、ドリームワンの太平船長より連絡いただき今シーズン初の本格的太刀魚ゲームへと出かけました。

夜中の出船で朝方までの釣りで、真夜中の出船。

マリーナを出港して約1分。
ポイントは目の前で非常に楽ちんです(笑)

事前情報では深夜3時位からジグが落ちないくらいに入れ食いになるとのこと。
しかし実際は釣りにはよくある話で船長指定水深の40mライン付近をアンチョビメタルTYPE-Ⅰの100gで探りますが案の定反応が良くありません(^^;)

水深40mラインに反応があり、エサ釣りの方には指3本サイズではありますがぽつぽつとヒットがありますが、伺うところどうも同じ水深で居食いをしている感じです。

そこでジグをアンチョビメタルTYPE-Ⅱ 130g ピンク/グローストライプ に変更。
同じ棚をしつこく探り非常に小さいバイトが続く中、何とかヒットに持ち込むも、なんと上がってきたのは20㎝ほどのアジ。
ひょっとして小さいバイトの正体はアジなのか?

そうこうするうちに潮も効きだし、ジグの抵抗も感じれれるようになるとようやく待望のヒットがありました。

同船した釣りガールのアンチョビメタルTYPE-Ⅱにヒットするなど周りのルアーマンもぽつぽつとヒットし始めました。

但し、相変わらず釣れてくるサイズは指3本となかなかドラゴンサイズが出ません。

そこで型狙いにはアンチョビミサイル登場です!
指示水深まで落とし、5~10秒くらいステイすると、コン!とバイトがあるものの、やはりサイズが小さいのかヒットに持ち込めず。

活性が悪いと判断し、バイトがあると即合わせするよう粘り続けると指3本クラスですがようやくヒットに持ち込めました。
なんだかんだで飽きない程度にヒットが続く中、日も明けてきたところ船長から移動の案内があり、しばらくポイントを探すと良い反応を発見。
日も昇ったこともあり水深は先ほどよりも深い100mラインの指示。

船長の絶妙な操船で反応を抑えながらの釣りで、ようやく入れ食いモードに突入しました。
ただ反応は良いものの太刀魚が上までルアーを追ってくるようなことも少なく100mラインでの誘い釣りみたいな感じで、やはりアンチョビミサイルにやや反応が良いといった感じでサイズも指4本クラスが混じってくるといった感じでした。

上がってみればなんだかんだで30本近くは釣れましたのでまずまずの釣行でした。

今回の釣行は急に決まったので今シーズンニューアイテムのアンチョビメタルTYPE-Ⅲは間に合いませんでしたが、今回のような同じ層でバイトが多発する状況下ではかなり効果が期待できると思います。

富山湾はこれからが本格的な太刀魚シーズン。次回はニューアイテムを携えての釣行と期待が膨らみます!
また次回レポートしますね。

使用タックル
アンチョビメタル用
ロッド   アンチョビドライバー ADC-66L
ルアー   アンチョビメタル各種
リアフック アンチョビ太刀魚フック M
アンチョビミサイル用
ロッド   アンチョビドライバー ADC-66M
ルアー   アンチョビミサイル各種
フック   アンチョビ太刀魚フック L