お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

石川県鯛ラバ

こんにちは、富山のフィールドスタッフ木田勝也です。

北陸でも鯛ラバは好調!
好釣果の情報を得て、石川県穴水(あなみず)の遊漁船アルベルトさんへ行ってきましたのでご紹介させていただきます。

アルベルトさんでは午後の乗り合い便があるので、
富山からでも時間に余裕を持ち、ゆっくりと出かけることができます。

ポイントは能登島沖、港から約20分ほどで到着です。

この日は少々厳しめの条件・・・
潮なし無風でピーカンの炎天下(汗)でした・・・が、釣果のほどはさていかに。

この日の水深は約70~80mでフラットな海底でところどころに小さな変化があるところを攻めました。
どてら流しやシーアンカーで攻めますので、80g以上の重さを幅広く用意します。

私もまずはビンビン玉スライドの80gを投入し、
少しでもアピール力を上げるためビンビンワームトレーラー鯛カーリーを装着。
暫くしてまあまあサイズのキジハタがヒットしました。

底潮が効いたポイントでは、ビンビン玉スライドを80gから120gに変更。
同船者に強烈な引きがあり、時間をかけてゆっくり取り込むと4kgクラスのガンドをキャッチ。

北陸地方ではワラサ、メジロのことをガンドと呼びます。

その後もキジハタがぽつぽつとヒットしてくるも、なかなか本命の当たりがありません。

ちょっと目先を変えて、ワームを外しスカートカラーをオレンジからイカグローに変更。
中層は青物の反応かなと判断し、底周辺をじっくり探るようにします。
すると一投目、20mほど巻き底取り2回目の着底寸前にいきなりズドン!
真鯛特有の首を振る引きが気持ち良い~。

慎重にやり取りし無事本日1枚目、サイズは約2kgの本命ゲット。
戦略変更が功を奏しました。

同船者も白系のラバーに変更したところ、続けて真鯛のヒットがあります。
私も更に同サイズを1枚追加。

途中釣れたキジハタが小イカを吐き出したのでイカっぽいカラーが効いたようでした。
このように状況の変化に応じ簡単にスカートやラバーが変えることが出来るバックファイヤーキャップ。
便利ですね~。

最終的に同船した全員が真鯛の顔が見れたまずまずの釣行となりました。

この海域では8kgオーバーの大鯛の実績もかなりあります。
今回は大鯛の顔は見れませんでしたが近いうち再チャレンジしたいと思います。

使用タックル
ビンビン玉スライド 80g~120g
バックファイヤーキャップ
ビンビンワームトレーラー鯛カーリー