お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

大坂湾の近況報告!

こんにちは、DICEフィールドスタッフの竹嶋です。

ここ最近の大阪湾の近況を報告させて頂きます。
大阪湾もカタクチ等のベイトの入りが少し落ち着いたのと、北よりの風が頻繁に吹くことに伴い水温も下がり始めた為、潮色がクリアーになり深いレンジをジグで探るか、水面下1.5mまでをミノーで獲っていく2パターンで釣ってます。

前者は、サイズは望めませんが魚がまとまって居るポイントでは数が獲れ、後者は現在当ガイドでもメインにしているパターンで、ベイスカッド128Fを使いストラクチャーをタイトに攻めていきリアクションで70cmクラスを獲っています。

20081015-STD10_15_1.jpg
20081015-STD10_15_2.jpg

特にベイスカッド128Fを使っての釣りは、着水ポイントからトレースライン、リーリングスピードからトゥイッチ等の小技の入れるタイミング、食わせる場所がバッチリはまらないとチェイスで終わってしまうかなり難易度の高い釣りです。

逆に「釣った感」があるのも事実なんで皆さんハマっちゃうんでしょうね♪  タイトに攻めるので近くに居る根魚にも口を使わせる程、集魚力の強いベイスカッド128Fだからこそ出来るパターンなんで、これからますます潮色もスケスケになりタフ化していく状況でも効くと思います。

皆さんも是非試してみて下さい !  思わぬ所からシーバスが飛んで来ますから !!

また、常夜灯などの周りでボイルしている状況でも、フローティングの強みを生かしロッドで断続的に「パシッパシッパシッ」っと軽く弾く感じで水面で暴れさせてみて下さい。 いい思いが出来るかもしれませんので…。

ではまたいい釣りが出来たら報告させて頂きます。

■釣り人:大阪府 竹嶋フィールドスタッフ(シーマスター)
■釣行日:08年10月
■フィールド:大阪湾
■ルアー:ベイスカッド128F