お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

キャスト鯛ラバ2

激流ぅー、爆流ぅぅぅううう♪ 鯛ラバ大好き、田中亜衣ですっ。 キャスティング鯛ラバ愛が強すぎて・・・ 前回から引き続き、2回に分けてお届けしていますっ で、 今回は、ビンビンロケットの特徴と使い方を説明しまーす。 これまでシャローのキャスティングゲームにおいて私たちが使ってきたのは、 タングステンのビンビンスライドや鉛製の爆流などの丸型ヘッド系でしたが、 ビンビンロケットは従来の丸型ヘッドに比べてヘッド自体が潮絡みの良い形状となっております。 リーリングし始めて直ぐに立ち上がりビンビンロケットの最大の特徴とも言える左右に艶かしく腰を振る「ウォブリングアクション」を引き起こします。 そのウォブリングアクションで起こる波動とキラキラするフラッシング効果の両方でナイーブな真鯛も違和感なくバイトしてくるのです。 なので、ビンビンロケットの特徴その1.!!      アピール力が強い!! 次に、潮を平らな面で受けるので、丸型ヘッドと比べてもビンビンロケットはリーリングスピードをコントロールする必要があります。 これがもう一つの特徴でもあり、このルアーを使いこなすキモなのです。 では、どれくらいのスピードがいいのかと言いますと、 風や潮速で変わりますが丸型ヘッドと比べてスローリトリーブが基本です。 これを言い換えると特徴その2.!!      スローに使うことができる!! 先ず、キャストする前にロッドティップから 3・40センチ垂らしたビンビンロケットを船縁でスイミングさせてください。 その時に気づくと思うのですが 速過ぎても遅過ぎてもビンビンロケット本来のアクションが出ません。 (あんまり遅いと動かないのでご注意をっ) しかし、 あるスピードで引っ張ると独特の艶かしいウォブリングアクションを引き起こします。 このときのスピードこそがキモ。真鯛を釣るのに大事になってくるのです。 先ほども言った通り潮速や風で船が押されるなどの作用により、 リーリングスピード以上にルアーの速度が速かったり遅かったりしてることもあります。 なので、しつこいようですがリーリングをしている手とロッドを支えている手にかかる重みでルアーの動きを判断してほしいのです。 これを掴むと、ビンビン玉シリーズで次のような使い分けをすることができます。 潮が速いとき 1.タングステン ビンビン玉スライド 2.爆流ビンビン玉スライド 3.鉛式ビンビン玉スライド 4.ビンビンロケット 潮が遅いとき 1.ビンビンロケット 2.鉛式ビンビン玉スライド 3.爆流ビンビン玉スライド 4.タングステン ビンビン玉スライド 同じように 速く巻いて誘う時 1.タングステン ビンビン玉スライド 2.爆流ビンビン玉スライド 3.鉛式ビンビン玉スライド 4.ビンビンロケット 遅く巻いて誘う時 1.ビンビンロケット 2.鉛式ビンビン玉スライド 3.爆流ビンビン玉スライド 4.タングステン ビンビン玉スライド まぁ自然相手なので、これはあくまで目安なのですが、 是非、参考にしてみてくださいっ ぶっちゃけ先日撮影した明石海峡での動画は、 明石海峡での動画では風と潮流の方向が間逆でリーリングをしなくても水中にあるビンビンロケットは ウォブリングアクションをしてるくらい爆流ぅ~な状況でした。 しかし全く止めると船が風に押される力はなかなか安定しないので 超微速でリーリング。 普通だったらタングステンのビンビン玉でサクサクと巻きたくなるところだったんですけど、 超微速のビンビンロケットがハマっちゃったんですよね~。 このようなリトリーブのコントロールは、両手にかかる重みを感じるのが習慣になっちゃえば決して難しくはないんですょ。 探りながらバイトがあったら、その「重み」こそがベストな動きが発生している証拠。 意識してやってるとすぐに身につきますよ♪ チャレンジしてみてくださいねっ 最後にトレーラーとヘッドの話 ビンビンシリーズにはさまざまなトレーラーがあります。 シリコン製のカーリー、ストレート、ショートカーリー ビンビンワームシリーズの鯛カーリー、鯛節、鯛ペケ、鯛コーム これにスカートを入れるとバリエーションも無限大でどこから手をつければいいのやら… 答えは簡単♪ どれでもいいです(笑) 逆に釣れない組み合わせはありませんよ。 今までと同様でベイトの種類や潮の色、季節や天候などのあらゆるファクターを考えて選んでもらえればいいです。 とまぁ、そー言っちゃーさみしいよねっ なのでアタシのフェイバリットを… アタシがロケットを使うときに最も多用するのがワーム スローで誘いたということと、キャスト時に絡まりにくいという理由からネクタイをワームを多用しています。 潮が緩い時は鯛カーリー 潮が重い時は鯛節 こんな感じの使い分けで、 あとはスカートの代わりにショートカーリーを足したりしてます。 あと、カラーねっ ベイトフィッシュなどについている真鯛にはキラキラした明るいカラー エビオレンジやイカナゴールド、ケイムラシルバーがいいですね。 エビやカニなどの甲殻類、底にいるような生物を捕食している時はシルエットのハッキリしたオレンジ系や レッドゴールドフレーク、コーラ、真っ黒レッドフレークがオススメです。 あっ、そう言えばビンビンロケットはヘッド自体のカラーも独特で全8色あるのですが、ヘッドのカラーもトレーラー同様、 ベイトフィッシュについてる真鯛には「ギライワシ」や「メッキゴールド」「メッキシルバー」などのフィッシュライクなカラー。 エビやカニなどを捕食している真鯛には「レッドゴールド」「オレンジゴールド」「スパークレッド」などのシルエットがクッキリとするカラーがいいですょ。 これらのキモが分かれば、もう大丈夫♪ 只今、全国的にシャローフラットが熱いですっ♪ ビンビンロケットをキャストしてBIG REDをゲット♪ 投げ倒してライバルに差をつけちゃってくださいよぉ~!!! でっ、熱くスリリングな夏にしてくださいねっ♪ ではでは、皆さん 全国からの良い報告お待ちしております。 激流ぅー♪ 【 “ビンビンロケット” で 明石海峡の大鯛を連発‼ / 田中亜衣 実釣動画 】