お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

香川 鯛ラバ

皆さんこんにちは、四国フィールドスタッフの高田英和です。
今回は、香川県での鯛ラバレポートです。
この日のポイントは、水深20m~40mの起伏のある砂地。
船長によると、ベイトは、カニ、ユムシといった底物との事でした。

使用した鯛カブラは、バーチカルでは、ビンビン玉スライド60gと爆流60g。
キャスティングでは、ビンビン玉スライド60gと、
新たに追加されたビンビンロケット45g(ビンロケ)を状況に合わせて使用しました。
どのような状況で使用したのかというと、鯛の反応がボトムの場合はビンビン玉スライド60g。
鯛の反応が浮いている場合or潮が緩く、軽いウエイトでもボトムから
あまり浮かないような状況ではビンロケ45gと使い分けました。
受ける面の広いビンロケの方が、ビンビン玉スライドと比べると、浮き上がりやすくボトムをトレースさせたい時には不向きなのですが、
潮が緩く魚の活性が低い場合にはスローに巻いてもしっかりと泳いでくれるため、非常に効果的です。

釣行当日は、鯛の反応はボトムで、ビンビン玉スライド60gを、ボトムからできるだけ浮かさないよう、
潮の状況に応じてリトリーブスピードを調整しました。

釣果の方ですが、11枚とキス2匹を釣り、つ抜け達成!

香川県は、鯛ラバを始めるには最高のエリアだと思うので、興味のある方は是非、香川県にお越し下さい。
今回、お世話になったポセイドン林船長、1日ありがとうございました。