お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

広島 鯛ラバ大会

フィールドスタッフの池田です。 先日、広島県の秀丸さんで開催された鯛ラバの大会に参加してきました。

キーパー30cm以上3匹の総重量で戦う大会でした。 幸運なことに準優勝という好成績を納めることができましたのでご報告させていただきます。

この日、結果を出してくれたのはまず、 マイブームのショートカーリーに鯛節のセッティング。
ワームとカーリーの色を変えて色のコントラストと臭いでキーパーを取りに行きました。

しかし、この日の船座は抽選で最悪のポジションで6人並びのド真ん中。
どちらから入っても先に仕掛けを落とす人に先に魚にアプローチされてしまう状況でしたので、
隣を見ながら同じ動き同じ色を使わずに変化をつけてパターンを探ることに意識していました。

そして、この日のビッグフィッシュ賞となる71cmを釣り上げることの出来たのが、
爆流80gにオレンジゴールドブレークのカーリーテール。

少しでも周りよりアピール出来るセッティングを求めての組み合わせでした。

そしてこの日のタックルはキーパー取りは、バラしたくないのでBSC-610UL-VCM このロッドは、掛かりが浅い状態でも、
ブランク全体で曲がることによりバレもほとんどありませんでした。

そして一発狙いには、BSC-HS-710UL-ST
このロッドは繊細なソリッドティップが僅かな魚信も見逃すことなく、手元に伝えることができ、
フッキング後は強靭なバットパワーで 主導権を握られることなく70cmオーバーを手にすることが出来ました。

 

VCMとHS、2種類のシリーズロッドの使い分けで得ることが出来た準優勝という結果だと思います。