お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

「ノーマル と 爆流」「シリコンネクタイ と ワーム」 の使い分け

激流ぅー
爆流ぅぅぅうううう
フィールドテスター紅一点(謎)
田中亜衣ですっ♪

日に日に暖かくなって防寒対策もひとつひとつ数が減り、
船上での動きも軽やかになってきましたね。
あー、この勢いでお腹のお肉も減ってくれればねぇー

 

最近よく聞かれます…
どっちがいいの?って

「ビンビン玉スライド」と「爆流」

「シリコンネクタイ」と「ワーム」

 

この二つ、どちらが良いのかはその時々で変わります。
その使い分けはアタシなりにハッキリしていてますが、
なかなか言葉にするのは難しく、
どちらかというと経験上の感覚みたいなものがあります。

ですが、そうは言ってもねぇ・・・
確かに余程使い込まないと、どのタイミングでどっちがイイのかわからないですよね。

真鯛のようにチャンスタイムの短い魚じゃなおさら…

この二つの疑問。
今回も包み隠さずにワタクシ田中亜衣がネタバラシしちゃいましょう♪

まず、二つの質問なのですが、どちらの質問にも明確な使い分けをしています。

 

ヘッドの話。
アタシの思う二つのヘッドのイメージは、ビンビンスライドはナチュラル系。
爆流はアピール系。

潮流が速く、真鯛の活性が高いと判断すると迷わずに「爆流」を使ってます。

このような状況下では「爆流」の独壇場。
他のヘッドを使用している同船者よりバイト数も多いです。

リーリングするとヘコヘコとヘッドが左右に揺れ、
アピールしながらヘッドが微妙な波動を起こし、
速い潮流の中やハイスピードのリーリング中でも独特のベッド形状のおかげで、
スカートやネクタイ、
フックを絡ませることなく安定した動きをキープすることができますしねぇ♪

 

もうひとつのヘッドの「ノーマル」
こちらは、ちょっと乱暴な言い方なのですがさっき言った、
「爆流」を使うタイミング以外に使用しています。
もう、皆さんもご存知のように、その類稀なる揺れないヘッド。
特にタングステンのタイプは、シルエットも小さいし
リーリングしても動きがないヘッドなので、スレた真鯛に口を使わせるのです。

アピール系の「爆流」
ナチュラル系の「ノーマル」
って覚えてくださいね♪

 

次はネクタイとワーム
従来から使われているシリコンネクタイとワームの使い分け。
今回発売されたワームは開発段階から参加させてもらい、
発売前から反響もすごくそれに応えれるだけの十分なポテンシャルを秘めてます。

ただ、「シリコンネクタイより釣れる」とか、
「これからはワームの時代」って話ではないんですょ。
その場のシチュエーションで釣り人がシリコンネクタイとワームを選ばないといけません。
その使い分けを今回は紹介したいと思います。

シリコンネクタイとワーム…
どちらが良いかはヘッド同様…いや、それ以上にハッキリしています。

今まで、シリコンネクタイを使い釣りをしていると釣れる時は「時合い」、
それ以外は「時合いが終わった」とよく耳にします。
この「時合いが終わった」瞬間からワームの時合いが始まることが多いです。
このようなタイミングはワームの一番得意とするシチュエーションに思えます。

例えば、時合いがきて船中いたるところでバイトがあり、
その後、次の流しでは明らかに真鯛の活性がさっきより下がったと感じることありますよね。

 

そんな時、アタシがよく使うのは「鯛カーリー」。
リーリングスピードは遅くする必要はそれほどありません。
先程までと変わらないスピードでオッケーです。

なぜ、時合いのピークが終わって、
少しテンションが下がった真鯛が鯛カーリーに反応するのか…
それは正直なところわかりません
ただそんなシチュエーションで誰も釣れない中、
鯛カーリーだけが釣れた経験があまりにも多いから…

 

他の三種のワーム

鯛節、

鯛ペケ、鯛コーム
それらそれぞれにもマッチしたシチュエーションはありますが、
その話はまた後日にでも…

 

あっ、そうそう
先ほどのヘッドの話に少し戻りますが、
このタイミングでは真鯛の活性がピークを越えて少しナイーブになってきているので、
ヘッドはタングステンがオススメです。

なので「タングステン+鯛カーリー」ってことになります。

今回のどっちがいいの?という二つの質問
アタシ流の答えをまとめてみましたが、
これを参考に皆さん思い思いにゲームを組み立てフィールドに出てもらえたら幸いです♪

ではでは皆さま、良い釣りを!