お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

真鯛を惑わすニオイの力!

みなさん、こんにちは。
激流ぅ〜、爆流ぅ〜、田中亜衣ですっ♪
気が付けば、フィッシングショーも近くなってきましたね。
なんと!私 田中亜衣は!大阪会場のジャッカルブースに参加してます。
釣りの話も!釣りじゃない話も!? 疑問質問なんでもお答えしちゃいます。
遊びに来てね~。

さてさて今回は、この前の話のつづき。
鯛ラバワームの話ね。

ワームの形状も決まりテストも大詰めになってくると、
決めなきゃいけないのが硬さと味やニオイ。
硬さはワームの動きを最大限に生かす要素で、味とニオイは魚をより興奮させる要素。
そして私はその味とニオイの力に魅了されてしまったわけ。
結論を言ってしまうと、ニオイは釣果に関係大アリ!!
しかも、釣れるニオイとそうでないニオイが有るんです!!
私の話を信じるか信じないか・・・
信じるものは救われるっですよ~。

さて、最初に手渡されたプロトタイプのワーム、
形状はどれもほとんど完成してたのですが、これは味もニオイもない物でした。
テストの内容といったらフックに干渉しないか?姿勢はどうか?動きはどうか?
釣りと言うよりはスピードを変えながら形状の違いの得意不得意を見ていた感じ。
もちろん、そんな中でも真鯛はじゃんじゃん釣っていました。
っていうか、この時点でもかなり好感触で他の釣り人とのアドバンテージも感じていたほどです。
なので、これにニオイが加わったら恐ろしいくらい釣れるんだろうと、
市販されているフレーバーなんかを塗ったりして使い始めました。

でも、残念なことに思ったように釣果は伸びなかったのです。
もっとガツガツと激しい追い食いを期待していました。
もちろん魚は釣れるのですがその釣れ方がフレーバーをつける前よりも、
パワーアップした感じの印象にはならずに意気消沈。
味やニオイという要素はそれほどの効き目はないのかなぁ~とさえ思ったほどです。

それからしばらく使い続けていて、
11月ごろに手渡されたのが味とニオイをつけたプロトワーム。
それは、特別な粉末餌と魚の抽出オイルを素材にダブル配合されたワームで、
要は素材の中に強烈な味とニオイが封じ込まれた身も毛もよだつ物体!!!

袋を開けると……強烈!!
「臭さっ!!!」

「女子には無理やわっ」っとアタシが騒ぐと、

開発者は苦笑しながら何もなかったようにアタシに手渡し
一言、「テスト頑張ってくださいねぇ」

ほんと、マジ勘弁(涙)

正直、これでイマイチなら味とニオイは無いなぁーと思いながらテスト。
気合を入れてワームをセットしました。
さあここからのテストは釣るためのテスト、釣って釣って釣りまくるのが目的。
でもっ、あっさり答えが出ちゃいました。

朝から絶好調!

一匹釣るたびにワームを付けたり外したりを繰り返して、
釣り続けると不思議なことが起きました。
味とニオイのついたワームを装着すると、
前側のフックが口の中にフッキングしてることが多く見られたんです。

がっつり食べてるってこと。

その日のパターンを簡単に書くと、
水深60mくらいのフラットにボトムから20mくらいにサイズの良い真鯛が浮いてて、
その浮いた真鯛のレンジを集中して狙うのですが、
リールを巻くスピードはかなり速く、1秒間に1.5mくらいのスピード。
そうしてリーリングしていると一瞬もたれるような「ヌーっ」というようなバイトがあり、
数秒後に「ドンっ」と強いバイトが再びあるというパターン
最初の小さなアタリを感じてそこから本アタリがくるように誘えるかどうかがキーでした。

そんな中、ネクタイだけの時は段差フックの後ろのフックに、
口元付近の外からフッキングしてることが多かったのに、ワームにするとバックり。
最初のアタリからフックアップする魚もありました。

この時の味とニオイのついたプロトワーム。
実は前にも書いたのですが何故かカラーが蛍光グリーン???

てかね、アタシのホームではあまり釣れないカラーで、
今までに出番もほとんどないカラーだったってこと。
何でもプロト発注の時に「蛍光グリーン以外で…」ってオーダーしたにもかかわらず、
仕上がってきたのが蛍光グリーン。

ダチョウ倶楽部さんの「絶対に押すなよ」みたい(笑)

そんな蛍光グリーンというハンデ?も忘れるほどに、
一時は狂ったようにバイトしてくる真鯛を目の前にすると、
もはや色を通り越した味とニオイに感動してしまい、
今では何でもイイよって思ってます(笑)

とは言うものの、オレンジやレッドなんかがあれば……ヤバぃですよねっ!

さあ、まだまだお話したいことあるけど今回はここまで…
あとは、みなさんが気になる4種の形状。
それぞれのワームの硬さやシチュエーション別の使い方など、
細かく紹介したいと思いますのでちょっと待ってくださいね。

ではでは、みなさん良い釣りを♪