お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

オススメ鯛ラバロッドをご紹介!

みなさーん、こんにちは♪
激流ぅー、爆流ぅぅぅうう!
田中亜衣でーす。

最近、お会いした方によく質問されるのが…

「亜衣ちゃんって元男なんですか?」
って、結構ストレートに聞かれるのよねぇ~(謎)
でっ、その次に多い質問が
「鯛ラバのロッドなんですが、どれがいいんですか?」
って、これはこれで色気のない質問だなぁ
どうせならさっきの質問みたいにアタシに興味持った質問が欲しいところなんだけどねぇ~(笑)

という訳で、
アタシの田中亜衣的ロッドチョイスをお話しますねっ♪
________________________________________

ジャッカルから出ているビンビンスティックシリーズ、
種類もたくさんありますがブランクの種類に分けると2つ。


ひとつは、 “ソリッドティップで目感度重視なHSシリーズ” 。


もうひとつは、 “粘りとパワーのあるVCM、いわゆるバキュームシリーズ” 。

それら二つのブランクにそれぞれタイプの違う長さや硬さのものがあるのですが、
バーチカルで釣りをするときにアタシが普段よく使ってるのが、

BSC-HS610UL-ST
BSC-610UL-VCM
の2本です。

アタシのホームでもある紀淡海峡での鯛ラバゲームは水深が70mくらいまで。
平均的なポイントの水深は20m~50mといったところで、
ビンビン玉も45g~80gまでを多用してます。
________________________________________

 

わかりやすくするために、この2本の極端な使い方を紹介しまーす♪

【BSC-HS610UL-ST】

まずは、ソリッドティップの “BSC-HS610UL-ST”
このロッドの特徴は何といっても感度の良さとその軽さ。
ボトムに張り付いた低活性の真鯛を超スローリトリーブや、
ストップ&ゴーなどで狙いその時によくある「もたれるような小さなアタリ」
普通のロッドでは魚と判断できないような生命感を殺したようなアタリを捉え、
釣り人側の技でフックアップまで持込めるロッドなのです。
着底感がものすごく良いので、根掛かりを避けたい人や磯場のタイラバに最適です。
フッキングをバチコン!!と入れたい人にもオススメなロッドですね。

 

【BSC-610UL-VCM】

もうひとつはバキュームの “BSC-610UL-VCM”
こちらのロッドは粘りのあるタイプ。
軽いウエイトのルアーから重いものまでキャパも広いし、
大物にもその粘りで耐えてくれるので、
魚のコントロールがしやすくて使い勝手のいいロッドです。
例えば、中層に浮いた大型の真鯛を速巻きで狙うときによくある不意にくる大きなバイト。
バイトした瞬間からその引きをロッドが吸収してくれて、
真鯛にアドバンテージを与えずに楽な展開で真鯛のファイトを楽しめる…
そんなロッドで、女性でも楽に使えるんじゃないかなぁ♪
腰を掛けて釣りをする年配の方にもオススメです。

 

次はキャスティング!!

ビンビンスティックにはスピニングモデルが2本。

●バキュームシリーズの “BSS-67L-VCM”
●ソリッドティップの “BSS-HS610ML-ST”

こちらも先ほど紹介した2本のロッドと同様、
バキュームとソリッドティップの特性を生かしてチョイスしますが、
アタシのよく使うのはバキュームシリーズの “BSS-67L-VCM”


大きな真鯛や青物がヒットしても安心ですし、
その短いレングスで釣り座を選ばずにキャストできるところが気に入ってます。
実際に小型の船を運転しながら釣りをしているアタシには凄く使いやすいのよねぇ~♪

それに重いヘッドでもバキュームのブランクがトラブルなく遠くへ飛ばしてくれるんです。

 


乗り合い船で船首など投げやすい釣り座だとソリッドティップの “BSS-HS610ML-ST”
そういう釣り座で45gまでのルアーをキャストするならこっちの方が扱いいいかもね。

こっちはバシッと投げて、ビシッとあわせられるロッドですね。

 

以上がアタシのよく使うロッドです。

また、外海やドテラ流し、大型船などではこの4本の使用感をベースに、
シチュエーション別に他のビンビンスティックを使用しています。
言わば、この4本はアタシの鯛ラバゲームの基本となるロッドなのです。
どちらのロッドもその特性をわかってもらえたかな?
ロッド選びに迷ってる方、機会があれば一度手にとってみてください。
きっと、どれもあなたの釣りを楽しくしてくれるロッドだと思いますよぉ~。

ではでは、みなさま
良い釣りを…♪