お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

瀬戸内でひとつテンヤ!

皆さんこんにちは、ジャッカルソルトフィールドスタッフ、広島の池田です。
瀬戸内海で、ひとつテンヤに挑戦してみました。


今回は、私のホームグラウンドである、
しまなみでは鯛ラバがメインですので、今回は少し珍しいレポートをお届けします。

時期とタイミングにもよりますが、島の周辺では活エビを仕入れる事も可能です。
そこで、今回はいつもお世話になっている生口島の「秀丸」さんで、
ひとつテンヤに挑戦してみることとなりました。


タイラバと同じように船をポイントにつけてもらい、
水深15~50mあたりまで試しましたが、
潮流変化の激しい島周りでも全く問題無く釣りをすることができました。

使用したのはビンビンテンヤ、ビンビンテンヤ鯛夢8~15号
ロッドはビンビンスティックHSのスピニングモデル 610ML-ST。
鯛ラバのキャスティングだけでなく、
ひとつテンヤにも対応できる嬉しい仕様のロッドです。
瀬戸内の船でひとつテンヤをするなら最適な長さでしょう。

誘い方は、底を取ったあとにチョコチョコと竿先を揺らしてはステイ。
少し巻き上げてからまた誘ってステイの繰り返し。
鯛ラバとはまた違う釣り感を楽しめたのが、とにかく印象的でした。

そして、この日は時折入れるフリーフォールに好反応。




午前中だけの短時間釣行ながら、
真鯛、アコウなどが楽しませてくれました。
繊細なアタリを積極的に掛けていく、
鯛ラバとまた違った釣り味の良さを十分に感じる事ができました。

皆さんも瀬戸内でひとつテンヤを試してみませんか?
体験すればすぐに楽しさがわかる釣りだと思いますので、是非定番化して欲しいものです。

ご希望の方は一度船長にご相談ください。