お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

バチコンアジング リグ紹介

新ゲーム バチコン アジング(バチコン アジ)。
リグの詳細についてお問合せをいただきましたので、少し詳しくご案内させて頂きます。

前回もご案内させていただいたとおり、
「  バチコン アジング (バチコン アジ)  」の名称由来は
・魚に対してバーチカル に コンタクト する アジング
・ギガアジのバイトが バチコンッ とくるアジング

体験してみると名称に妙な説得力を感じることでしょう。

バーチカルにリグを沈めて・・・・
やさしく誘って・・・・
遠くから伝わるコンッと小さなアタリを・・・・
バチコンッ!!と掛ける!!

癒し×快感のゲームです。

 

さてそんなバチコン(バチコン アジ)ゲーム。リグが奥深いのです。
見た目には単純なだけに、これもまたやってみなければわからない!!
先日ご案内させていただいた簡略図がこちら。


大きなアジも来るのでリーダーは6~8lb(人によっては12lb)と強めです。
枝側にワームをつけてしまうと、強度が落ちてしまいますのでご注意ください。
“レッドスプール” や “レッドスプールBFスペック” の様な細くても強いリーダーは大変頼りになります。

こまかく長さを設定すると、
結び目からジグヘッドの距離は5~20cm程度/シンカーは長めに30~100cm程に設ける事です。

穂先をゆすってジグヘッドを優しく躍らせるように誘ってください。

このリグの利点は、穂先の挙動に機敏に反応してワームが動くため、誘いを仕掛けやすく、
また、深い場所を攻めてもキャロライナリグに比べて感度とノリが良い点です。

 

そして、このリグ。オモリの枝を“ハーフヒッチ”で留めるのには訳があります。
ジグヘッド側のリーダー長を自在に調節できるのです。


これで、結び直すことなく細かな調節が可能です。
釣行前に練習しておいてください。
ダウンショットリグを逆に作るような仕掛けなので。
「 逆ダン (ギャクダン) 」 と呼びます。
ゲームの発起人でもある “F-CLOUD 雲船長” が考案されたリグです。

また、ジグヘッドとシンカーの距離が近くならないようにするのがこのリグのキモです。

 

続いて、応用編のキャロライナリグ。
元々はこちらの方がメインの釣り方でしたが、
こちらはフワッとスローな誘いを仕掛ける場合に有効なリグとして使用するのが良いでしょう。


最初にご紹介した“ 逆ダン ”に比べて、
枝をシンカーから離すように長く取ってあげるのがナチュラルアクションを出し、
リグの特性を活かすコツです。
(目安としては20~80cm)

アジのタナの少しだけ上を意識してリフト&フォールします。
ピタっと穂先を止めて(シンカーを止めて)から、
ジグヘッドがなじむまでじっくりと待ちアタリに神経を研ぎ澄ませます。

潮が速いときに有効なリグだとも言えるでしょう。

 

※どちらかのリグにアタリが集中する場合も少なくありませんので、
両方に対応できるようご準備ください。


最後に、ギガアジ狙いで必須なのが強いフックです。
35cm、40cm、50cm・・・さらにそれ以上!?を超えてくると
アジング用のジグヘッドよりもバス用のジグヘッドが快適です。

しかも、細軸のバス用フックがとても効果的です。


● ワッキージグヘッド製品ページ
http://www.jackall.co.jp/bass/products/accessory/wacky_jig_head/wacky-jig-head/

ジャッカルより発売している “ワッキージグヘッド” は、
刺さり良く、折られにくく、オススメできるフックです。
大型アジ狙いにボックスには是非忍ばせておいてください。

それでは皆さんも、「バチコンっ!」と良いフッキングをお楽しみ下さい。

 

また、過去のバックステージダイアリーでも “バチコンアジング (バチコン アジ)” について、
紹介していますので、こちらも是非ご覧ください。

● NEWゲーム『バチコンアジング』にはペケリング!
https://www.jackall.co.jp/saltwater/back_stage_diary/4063/