お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

ラトル式アンチョビミサイル

タチウオジギングの革命児
新感覚ルアーであるアンチョビミサイル。
使い方も多種多様なだけに、どのように使えばよいかお困りの方も多いことでしょう。

そんな方の為に誕生したモデル。

それが、”ラトル式アンチョビミサイル” です。


音が出るように “ラトル” がお腹に内蔵してあるので、
竿先をやさしくゆするだけで「カラカラ」とタチウオにアピールしてくれます。

船長の指示に沿ってアタリの水深までアンチョビミサイルを巻き上げた後、

その場で、
フワフワと揺する → ステイ → フワフワ → ステイ を繰り返せば
タチウオをバイトに持ち込めることでしょう。

実はこれがアンチョビミサイルの基本的な扱い方になるのですが、
ラトル式ならば音がプラスされているので、
使用者側もその場で誘い続ける気持ちを保つことができます。

“ラトル式アンチョビミサイル” はアンチョビミサイルのベーシックな使い方を学ぶのに、
最適なモデルと言えるでしょう。

 

アンチョビミサイルの魅力は沢山あります。

・アタリをハッキリ感じることができる。
・タチウオの口に掛けることができる。
・再現性があるので、バイトを狙って出すことができる。
・釣れる魚のサイズが大きい。
・ラインを切られ難い。                 など

 



タチウオジギングハイシーズンの今こそ、
アンチョビミサイルの楽しさを体感していただくチャンスです。

 


是非お試しください!!