お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

福井県ひとつテンヤで大鯛爆釣!!

フィールドスタッフの吉岡です。

GWの連休を利用して、
福井県茱崎(グミザキ)港のひとつテンヤ船 “まるいち”さんに行って参りました。

挑戦したのは茱崎特有の釣法、
通称『巻きテンヤ』!

20120510-20120510-005.JPG

タックルは、通常のひとつテンヤと同じですが、
ひとつテンヤを鯛ラバの要領と同じく、
着底後、リトリーブによる巻き上げで喰わせる釣り方です。

実はこの釣法・・・

ベイトについて浮いている真鯛には抜群に効果的!

自分のホームである千葉県 外房の大原近辺でも、
この『巻きテンヤ』による実績は出ており、
今回、この技術をより確かなものにする為に、この地を訪れました!

基本的に水深70~80mの深場攻略が多い場所なので、
基準となるテンヤ重さはビンビンテンヤ10号。

まずは、上からアタリを取りながら落とし込んで行く、
『落とし込み釣法』と混ぜながら釣り開始しました。

途中、1mずつフォール&ステイを繰り返しながら、
徐々に下へ探って行く釣り方です。

すると、すぐにアタリが得られました!
底から15m上でのヒット!

そして、今回訪れた理由にはもうひとつ・・・。
来たらアベレージサイズが大きいのが茱崎の魅力なのです!!

20120510-20120510-001.JPG

ドラグを滑らせ強烈なツッコミ!!
最初の1枚で、いきなり70cm近い4キロ級の真鯛が登場!

当日は、食い渋りの難しい日だったとの事ですが、

一時は『巻きテンヤ』で怒涛のラッシュでした!
60~80cm超の大鯛が周りでも次から次へとボコボコと水揚げ!

20120510-20120510-002.JPG

同行したナカジ―さんもきっちりゲット↓↓

20120510-20120510-003.JPG

終わってみれば大漁でした!

普段のリフト&フォールでの誘いとはまた違う釣りなので、
今回もなかなかアワセに苦労しましたが、良い感触を得られた釣行となりました!

ここは名古屋や京都からもアクセスし易く、
東海~関西まで、広い範囲の皆さんにとって魅力的なフィールドですね。

羨ましい限りです。

そして、今回挑戦してみてあらためて感じましたが、
ビンビンテンヤは、船長も認める位に巻きでの安定性も抜群です!
深場の釣りではまさにビンビンテンヤの独壇場。

青帝シリーズも、大鯛をリフトする粘り強いパワーがあるのでオススメです♪

大鯛との駆け引きをとことん楽しみたいのであれば、
⇒青帝TENYA MADAI 230ML-TT

確実に大鯛のパワーをねじ伏せる安心のファイトを求めるのであれば
⇒青帝TENYA MADAI 245M-TT

20120510-20120510-004.JPG

つい先日も11キロの超大鯛も出ているらしく、
これからもますます目が離せません!
また挑戦したいと思います。