お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

キジハタシーズン本格化‼


みなさんこんにちわ、フィールドスタッフの木田勝也です。
今回は新しく発売&リニューアルされた、
ロックフィッシュアイテムの釣果レポートを書きたいと思います。

 

私の住む富山では夏が近づくにつれショアからのキジハタゲームが本格的に楽しめるようになります。
ショア沿いのキジハタは明るいうちはテトラの中や沈み根などに身をひそめ、
夜になると活発に行動します。
富山にはヨネズ(夜に寝ない、という意味)といった地方名もあるくらいです。

さて、そろそろ北陸地方も梅雨入りかな、
といった仕事帰りのある雨の降りそうな平日の夕刻、いつものフィールドにワームのテストに出かけました。

 

まずは明るいうちにキジハタが潜んでいるであろう足元際に
チャンクロー4″ のテキサスリグを落とし込みました。
一通り探りましたが反応がないので沖に沈んでいる根を狙うことに。
若干風があるのでキャストはし難いですが、シンカーを1/2オンスと重くしてキャスト。
最初はリフト&フォールで探ったり、
底周辺をじっくり見せるように探っていきましたが反応が無かったので、
よりアピールさせるために、エギのように大きくしゃくり着底させるアクションに変更。

すると、着底と同時に小さく”コツッ”とアタリが。
何度かそのようなバイトがあり合わせますが乗りません。
そこで魚が小さいと判断し、チャンクローのサイズを4インチから3.5インチにサイズダウン。
小さなバイトで合わせるとようやく待望のキジハタをキャッチできました。


サイズは小さいですが、考え、狙って釣った納得の一匹目でした。

 

引き続き同じパターンで狙っていきます。
すると、明らかにデカいキジハタ特有の、ごくごく小さいが力強い明確な”コン!”というバイトが!
が、痛恨のフッキングミス・・・

 

明るいうちはこのパターンで狙いましたがアタリが無くなり、狙い方変更。

暗くなったらキジハタは根を離れ回遊し始めます。
そこでワームをクロー系からキックテール系の”アイシャッドテール”に変更。
ライトテキサスで根の上ギリギリをスイミングで狙います。

先ほどアタリがあった周辺を探ると狙い的中!


同サイズのキジハタがヒットしました。

 


さらに、その後も同サイズのカサゴがヒット‼

 

このように、ポイントに留まっている根魚を狙うときにはクロー系の”チャンクロー”。
回遊系は“アイシャッドテール”といった風に状況によって使い分けることにより、
より効率的に狙うことができます。
みなさんもご自身のフィールドに合ったルアーを探し、フィッシングライフをエンジョイしてください!