お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

アンチョビミサイルでタラの爆釣劇‼

皆さんこんにちは、
ジャッカルソルトフィールドスタッフ、宮城の伊藤英樹です。

今年の天気は船頭泣かせですね!
次々と来る低気圧になかなか出船できず参りました(笑)

しかし、4月も目前になりようやく海も落ち着きを見せてきました。
先日、アンチョビミサイルを握りしめフィールドの様子を見てきました!

 

ポイントに着き、重要なのがベイト探し。
タラやマスが好んで捕食するメロウド(オオナゴ)探しから始めます。
簡単に探しあてられると余裕の気持ちでいたのですが、メロウドを確認できず・・・
各レンジを広く探っても、まったく見つからず一気に焦りモードに。
根と砂場の境い目にタラらしき反応があるのでアンチョビミサイルを投下してみました!

ボトムから2シャクリ目で「ズドン!!」

久しぶりのタラの重みを感じました!!

 

ポイントを見つけたと思いきや次の投下ではノーバイト。
慌てて先ほど釣り上げたタラの入っている生簀を覗きに行くと、
アイナメと海タナゴを吐き出しているのを確認しました。

特に海タナゴを多く吐き出していたので、
これをヒントに根周りを重点的に探ると海タナゴらしき反応を発見!
その周りには怪しい反応も。

そして、アンチョビミサイル投下すると、狙い通り2シャクリ目で「ズドン!」
ゲストの皆さんもボトムから少し巻き上げたところでバイト!

魚探を見ればタラが浮き気味に映り始めたので、次の投下からはボトム5m手前で止めて、
ステイの時間を長く取るアクションに変えてやると爆釣劇が始まりました!

ハッキリ言って筋肉痛覚悟です(笑) タラのサイズは6~8kgでした。

ジグの瞬間的な縦の動からフォールの一連の激しい動きに付いていけない魚などに対して、
アンチョビミサイルは効果的なアイテムです。

アンチョビミサイルの場合は、
一定層での低、中、高速のアクションで魚の視界から外れること無くアピールし、
バイトに持ち込めるてるんだろうなと感心しているところです!
春を感じた楽しい1日でした!

 

【ヒットカラー】


フレッシュメロウド


セクシーメロウド

 

【使用サイズ】

90g・130g