お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

フラットフィッシュが絶好調

ジャッカルソルトフィールドスタッフの伊藤英樹氏より、
アイシャッドとアイシャッドテールを使用した釣果レポートをいただきましたので、
ご紹介させていただきます。

 

皆さんこんにちは、ジャッカルソルトフィールドスタッフの伊藤英樹です。
フラットフィッシュが好調の話しを聞き、数年ぶりにオカッパりで行ってきました。
さすがに好調だけあって人、人、人!
ポイントにエントリーするにも一苦労でした。

ポイントは河口に近い場所で流れがあったので、
スイミングで釣るには少しやりずらいだろうと判断し、
選んだリグはキャロライナリグ。

 

ワームは アイシャッド3.8″ と アイシャッドテール3.8″ で、
リーダーは60cmほどのセッティングです。

常にコチの頭上にワームがあることを前提に、
アクションはズル引きで軽くジャークを入れると好反応でした。

流れのある所では、アイシャッドがオススメです。
ワーム形状が船形偏平で安定したスイミングアクションを出す事ができます。
コチはたまらずバイトして来ますよ。

 

また、アイシャッドテールを応用することも可能です。

シャッドテール付きのノーマル状態で釣っていて、アタリが減ってきたなと感じたら、
テール部分をカットしてストレートワームで使用。
アイシャッドテールに関しては、立てにフックをセットするのが定番セッティングですが、
横向きにセットしスリムなアイシャッドとして使う方法もあります。
シークレットテクニックとして、是非一度、お試しください。