お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

弾丸スカットミノーで良型サワラ狙い

皆さんこんにちは、ソルトフィールドスタッフの杉山彰浩です。

8月に入り、台風の影響により駿河湾の海状況も変わってしまったこともあり、
青物情報がめっぽう少なくなってしまいました。

状況が悪いとわかっていましたが、この時期良型のサワラがゲットできるので、
試に太刀・サワラ狙いで出船しました。

ポイントに近づくにつれて、川の濁りが強くなりドブ濁り状態で、
魚の気配はありません。
しかし、沖に飛んでいた鳥の動きを目で追っていくと、
鳥の下でサワラが数匹跳ねているのが目視できました。

 

鳥の動きに合わせ、ゆっくり船を走らせ、
いつものように、鳥の動きを予測してサワラがボイルしそうなポイントで待ち伏せしていると、
遠方からサワラがこちらに向かってジャンプしながら近づいてきました!

射程距離に近づいた瞬間『弾丸スカットミノー』をフルキャスト!
着水後すぐに高速巻き5回転ぐらいでヒット!

数回の突っ込みをかわし、無事キャッチできました。

 

今回使用したミノーは80mmとシルエットが小さい割にウェイトが19gあるため、
とびぬけて飛距離が出せ、なおかつウォブリングアクションが強く、
高速巻きでも浮き上がることがありません。

私が使ったルアーの中でも、サワラを狙うには最も優れたルアーだと考えます。

 

その後、サワラの群れを追いかけ数本キャッチしたところで太刀釣りに変更!

川濁りの入った潮目15mラインでライトジギングで遊びます。
すると太刀やアジ・イナダなどが次々とヒット!

しかも昼間だというのにリーダー付近で太刀がヒットするといったように、
アンチョビミサイルでの反応はすこぶる良い。
釣り人のボルテージもMAX!

 

途中アンチョビミサイルで真鯛もヒットしましたが、

ランディングにてこずり、ナチュラルリリースなんてこともありましたが、
サワラや太刀・アジ・イナダなどたくさんの魚種が釣れた楽しい釣行となりました。

 

 

<サワラタックル>
7ft.前後のキャンティング用ロッドに、4000番クラスのスピニングリールにPE2号
リーダーフロロ60lb1ヒロ
ルアー:弾丸スカットミノーH.W. 80mm (ピンクブルー・カタクチ)

<太刀・真鯛タックル>
アンチョビドライバー PE1.2号 リーダー30lb2ヒロ 30cm程度
100lbナイロン
ルアー:アンチョビミサイル・アンチョビターボプロト(50g~90g)