お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

無限の可能性を秘めたアンチョビミサイル‼

皆さんこんにちは、ソルトフィールドスタッフの杉山彰浩です。

6/19~6/24の期間小笠原諸島の父島へ遠征に行ってきたので釣行内容を速報レポ-トします。

小笠原へのアクセス方法は東京竹芝桟橋から「おがさわら丸」に乗り片道父島まで25時間、

船酔いに悩まされましたが無事到着!トータル3日間の釣行予定でした。

ここ小笠原でのメイン魚種はカンパチ・根魚ですが、

今回テストしたかったルアーは「アンチョビミサイル」です。

 

まずはアンチョビミサイル190gを水深30~50mの浅場で狙ってみました。

アンチョビミサイルは水平姿勢なので、ボトム付近をスローに上下させ、

ブレードを潮の速さに合わせてゆっくり回転させ魚にアピールします。

そしてボトムから1~5m付近をワンピッチでゆっくりシャクリ上げていくと・・・

一投目で下から突き上げるような鋭いアタリが‼

次々とアカハタやバラハタなどの高級魚が次々ヒットしてきます。

ボトムから1~2m付近を止めているだけでもアタックしてくるので、

ボトム付近を狙えばいくらでも釣れる勢いです!

 

これは潮流によりブレードが回っているので魚にアピールしているのでしょう。

アンチョビミサイルは簡単に扱えて難しいアクションも必要ないので、

初めて挑戦するルアーフィッシングにも最適ではないか?と思いました。

 

今秋発売予定の水きりの良い「アンチョビターボ」では高速巻きではナカジーがカンパチをゲット!

今回の釣行でアンチョビミサイルは太刀魚だけではなく、

根魚・青物などにも良く釣れる限りない可能性を感じた釣行となりました。