お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

まだまだ期待できる冬の港湾シーバス!

名古屋港フィールドスタッフの猪飼です。

名古屋港の大型シーバスは、産卵の関係で深場へのシフトが終盤を迎えている感じです。

ただ、ポイント、アプローチ、タイミングさえ間違えなければ、

数少ない良型シーバスに巡り合うことができます。

 

今回の釣行も中盤までは、ビッグバッカー107とビッグバッカー107H.Wで、

50cm前後のサイズをポロポロと拾っていく釣りになりました。

終盤に差し掛かり、

下げ潮が適度に効き始めたタイミングで前半に見つけていたコノシロが溜まっていたポイントに入りました。

コノシロが表層に浮いていたこともあり、ボートからのディスタンスを長めに取って

ベイスカッド128Fでアプローチすると・・・

2連発で60cmUPを捕獲することが出来ました!

狙って獲れた魚は最高に嬉しいものですね。

まだまだ期待のできる冬の港湾シーバス!

皆さんも防寒対策をしっかりして、楽しんで下さいね!