お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

清水のアジング 絶好調!!

皆さんこんにちは!静岡の杉山です!
最近はアジングの調子がいいと言うことで、
仕事終わりに清水港周辺のボードアジングに行ってきました!

僕達が使っているタックルは7フィート前後のアジングロッドに2000番のリール、

ラインはPF0.3号を使っています。

メインとなるリグは、

浮き止めゴムに5gの錘をつけたスプリットショット。

ジグヘッドは0.3gを使用します。

 

ジグヘッド単体の場合は2gぐらいを使いますが、

ボートアジングではエンジン音を嫌うアジが多いため、

遠投性に勝るスプリットショットを使う事が多いです。

ワームはメバル節ロングやペケペケロングをメインで使用するのですが、

この様なシンプルなピンテール形状のワームはアジをすれさせること無く、よく釣れると感じています。

カラーは蛍光色だと太刀魚が食ってしまうので、

透き通ったブルーシラス、プリズムライム、クリアー、イソメパールなど

ナチュラル系カラーを多用しています。

 
さて、今回レポートするにあたり、

最近あらためて釣り方について、確信したことがあります。

 

『アクションを多く入れた方がいい』と言うことです!

 

ただ巻きより、2回転に一回ほどフリップを入れ、

誘いを入れた方が明らかに釣れることを実感しました!

アクションを入れることによってスイッチが入り、

ガツンと一気に食べてくれるのでバレも少ないですね!

ポイントによって、

船が近づけられる時はジグヘッド単体の出番もあります。

そんな時にはダートさせ易いキビキビナーゴも活躍します。

 

この日は潮が悪く数は出ませんでしたが、良型のアジ達が遊んでくれました。

清水のアジングは真夏でも大型が狙えるのでこれからも楽しめそうです。