お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

和歌山県友ヶ島周辺をビンビン玉で!

皆さん、はじめまして。
今回からジャッカルHPでレポートさせてもらう大塚です。
と言う事で、第一回は和歌山県の加太港から出船し、紀淡海峡にある友ヶ島周辺を釣ることに。

1月12日(中潮) ここ加太は瀬戸内海の入り口で友ヶ島、その向こうには淡路島があるため北寄りの風がプロテクトされ真冬でも快適に釣りをする事が出来ることからこの時期よく通っています。
しかし、2日前からの全国的な寒波のため波が高く西の風8mと出船も危ぶまれましたが何とか午前7時、出港。

ここは水深25mの砂底の広大なフラット。所どころ漁礁が点在するのですが漁礁をダイレクトにはトレースせず、その脇を流していくことに。朝早いのと曇り空のせいで周りはまだ薄暗かったのですが潮色はクリアーなのでビンビン玉45gでネクタイはオレンジ、スカートをゴールドにチェンジした物からスタート。ローライト+クリアー(潮色)=ゴールド!と言うのが私のフェイバリット。
流し始めて直ぐに「コツッ!」と触ってきたので若干リーリングを加速!5、6回リーリングをしたところで「カッカッ!」と追い食いしたのですがサイズが小さそうでフックアップには至りません。バイトの感触からルアーのカラーとリーリングスピードはほぼ合っていると判断しそのまま続行。
先程とは少しルートをずらし2度目を流すと「コツッ!」と先程と同じくショートバイト。先程とは違い少し減速しリーリングすると「グーッ」とゴミが掛かっただけのような重い感覚。
これはこの時期に多いのですが真鯛のレアなアタリ!すかさずフックアップするとドラグが滑る。水深が浅いということもあり時折ティップを締め込みながらラインがズルッと出てなかなか良いファイト!
しばらく楽しみ、姿を現したのは51cmの綺麗なメスの真鯛。

null

悪天候の中、一匹釣れたので「ホッ!」としながら次を狙い再び釣り開始。しばらくし、もう一度流しなおすため潮上に移動する途中に魚探を見ていると時折ボトムから8mくらいまで真鯛の反応が出ていました。 少し活性が上がってきたようだ(ニヤッ) すると雲間から日が差してきたのでカラーチェンジする事に。ヘッドは45gのままでネクタイをパールホワイト、スカートをオレンジ系に変更。 先程まではボトムから8mまでをリーリングしていたのですが浮き気味ということで12mリーリングする事に・・・。すると「カッカッ・・・ゴーンッ!」とお手本のようなバイト!フックアップも綺麗に決まり寒さも忘れて「ニコニコ」。今回も良いファイトをしてくれ上がってきたのは50cmジャストのメスの真鯛。

null

先程のお手本のようなバイトからカラー、スピード、レンジがかなり絞れて今日はこのままイッちゃうかなぁ~と思った矢先、太陽が厚い雲に隠れてしまいTHE END!
しばらくそのままのカラーでやったのですがバイトすら無くなりました。 鯛釣りではライティングの強弱がカラー、スピードに深く関わります。
ここで先程のビンビン玉のネクタイをゴールドにチェンジ!するとバイトが戻り次々ヒット!
真鯛を2匹、ホウボウを1匹追加した時点でさらに波が強くなり風も12mとやばくなったので早上がりすることに・・・ せっかく調子良かったのですが自然は甘くはありません(涙)

今日はわずか3時間弱と時間的に短かったのですが真鯛を4匹も獲ることが出来たのは早い段階でカラーとスピードを見極められた事と完璧な操船をしてくれる船長のおかげだったと思います。
これからまだまだ冬も厳しくなりますが寒さに負けず良いレポートを皆さんに届けます!これからもヨロシクです!

■釣り人:兵庫県 大塚博康フィールドスタッフ
■釣行日:2009年1月12日
■フィールド:和歌山県友ヶ島周辺
■ルアー:ビンビン玉45g