お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

サイズに違わぬ強烈ファイトのメッキゲーム

皆さんこんにちは、ソルトチームの一宮です。

連日厳しい残暑が続いていますが、水の中でも少しずつ季節が進んでいるようです。

今回紹介するライトゲームは、この時期から私の地元の大分などで開幕を迎えるターゲットにピックアップしていきたいと思います。そのターゲットとはズバリ”メッキ”です。メッキとは南方のヒラアジ系の幼魚のことで、黒潮などの海流に乗って九州から四国、そして本州各地へと接岸します。

ミニGTともいえるメッキはその獰猛さとパワーから、小型ながらも強烈な引きで多くのアングラーを魅了します。
そして、果敢にルアーへアタックしてくるため、ルアー入門魚としても非常に良い相手です。

今回はそんなメッキを狙うためにおすすめの場所やルアー、アプローチを紹介いたします。

メッキ狙いでおすすめの釣り場とは?

釣れるシーズンになると様々な場所に接岸するメッキですが、自分がオススメするのは河川の最下流である河口域です。

その理由は大きく分けてふたつ。

ひとつはベイトの量・種類ともに豊富であり、回遊性の強いメッキがその場に留まりやすく釣りやすいためです。メッキは甲殻類やゴカイ、小魚など動くものなら何でも食べてしまう勢いがあるため、ベイトの多い場所は大きな狙い目となります。

ふたつめ”釣れるタイミングがわかりやすい”という点があげられます。メッキは、干潮時には干上がってしまう様な河口域でも、満潮時になると沖から入ってきます。つまり、釣行を予定している場所のタイドグラフさえわかっていれば、満潮時に行くことで狙って釣ることができます。

ちなみに水深は50cmもあれば回遊してくるため、シャローのトップゲームなども成立してしまうのも魅力です。

3つのルアーでメッキゲームを攻略

次はメッキを狙うおすすめのルアーを3つ紹介していきます。

ひとつめはライザーベイト004です。
このルアーは、圧倒的な飛距離と、ただ巻きだけで簡単に表層を探ることができる操作性が魅力的です。

自分は主にシャローを広範囲にサーチするパイロット的な役目で使用することが多いです。

また、ライザーベイトへのバイトは非常に派手で、視覚的にも楽しむことができるのもいいですね。

ふたつめはジェリーサーディン。メバルに有効なジェリーサーディンですが、もちろんメッキにも効果は抜群。飛距離はライザーベイト004にはおよびませんが、代わりにゆっくりと漂わせ、ドリフトさせて誘うこともできるルアーです。チェイスはあるけどなかなか口を使わないといった時は、このジェリーサーディンを軽くトゥイッチさせ、弱った小魚を演出するとバイトを得やすいです。

生シラスを彷彿とさせるそのボディは、スレ気味になったメッキが思わず口を使ってしまうアピール力があります。
テールは2種類あり、どちらも有効ですが今回の釣行はシャッドテールの波動が有効な場面が多かったです。

みっつめは、すべてのレンジを攻略することができるDEKAキビナ~ゴ2.5”+キビキビダートジグヘッドの組み合わせ。トップに出ないくらいスレているような状況でも、少しレンジを下げると、再びアタックしてくることが少なくありません。

使い方は任意のレンジまで沈めた後、ファーストリトリーブ中にトゥイッチを入れた、高速ダートアクションがオススメです。

ダートアクションのストップの一瞬のタイミングに連発する、ひったくる様なアタリはやみつきになること間違いないでしょう。

いかがだったでしょうか。これから徐々にサイズアップしていくシーズンになります。楽しいメッキのライトゲームぜひ挑戦してみてください。