お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

今シーズンの明石海峡は青物ジギングが絶好調!

ここ最近、少しずつ秋の気配も感じる大阪湾ですが、現在明石海峡での青物ジギングが絶好調です。

もちろんバンブルズジグシリーズも大活躍。

なんといっても、フックが標準装備されているので、パッケージから出してそのまま使えるのがいいですね。

ビギナーの方々は、どのようなフックを装着すればいいのかなど、わからないことも多いかと思うので、その点バンブルズジグシリーズは悩むこともないためオススメです。

ショートとセミロングの2サイズありますが、まずはオーソドックスなセミロングが使いやすいでしょう。

カラーはその時に青物達が食べているエサのカラーに合わせるのが基本。

ただ、不明な場合は、シルバー系かブルーピンク系をチョイスすれば大丈夫です。

ウェイトに関しては、明石は激流ということもあり200g前後は必須で、250gまであると対応できる幅が広がるので安心です。

使い方としては、着底してからワンピッチジャークで10〜15回程シャクって再び着底の繰り返し。

明石は場所によって根掛りの激しいところもあるので、着底したら直ぐ、少し巻いてからシャクり始めると根掛り回避に役立ちますよ。

フックもフロントに付けるだけでOK。

これは、青物は頭からバイトしてくることと、リアフックが無い分ネガカリ軽減に繋がるためです。

明石海峡はポイントも狭く、あっという間に流し直しとなるので、根掛りなどのトラブル等を無くし、極力スレトスなく釣り続けるのが重要です。

ちなみに今シーズンは比較的早いピッチのシャクリが好反応なので参考にしてみてください。

ロッドはGSW-C58Mがおすすめ。

ロッド自体が軽くシャクリやすいことと、リーズナブルであるため初心者や入門者にオススメです。

釣れるサイズはハマチ〜メジロ(ワラサ)がメインですが、時折り80cmを超えるブリサイズも登場します。

最初はハードルの高い明石海峡のジギングですが、FxF KOBEでは、釣り方やコツ等をしっかりとレクチャーしますので、これからやってみたい方はぜひお越しください。

レンタルタックル等もありますのでお気軽にお問い合わせください。

大阪湾はこれからの秋がシーズン本番となり、楽しい時期になります。

みなさんもバンブルズジグシリーズで明石海峡の青物ジギングにぜひチャレンジしてみてください。