お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

これぞ革命!新型タチウオテンヤに注目

皆さん、こんにちは。吉岡進です。

今回は今秋発売を予定している新しいタチウオテンヤについてご紹介します。

まず、突然ですが、皆さんこのボックスにタチウオテンヤは何個くらい入ると思いますか?。

むしろテンヤを入れるボックスで悩んだ経験を持ってる方も多いのではないでしょうか?。

実は、このボックスにはテンヤが30個以上収納してあるのです!。

タチウオテンヤの経験者の方からすれば「エッ?ここに30個は無理でしょう。」と思われて当然ですよね。もしくは「そんなに入るって事はこのボックスが凄い?」と考えるかもしれませんが、今回の新しいテンヤは根本的な設計から想像を覆す代物になっています。

 

 

実は、このテンヤは重りになるヘッドとフックが別々になる分離システムで設計されているのです!

これにより、収納は勿論、活性やエサのサイズに合わせてフックを交換することができるのです。更にはフックのバリエーションも豊富で、通常のイワシエサ、先発として使いやすいロングタイプ、イワシの頭を落として使用したり、開きエサを使用してエサのシルエットを小さくしたり、活性の高いタチウオを速掛けして行くショートタイプ、さらに、大物や掛かりが浅くてバレが多い時に強いワイドタイプが用意されています。

エサをつけるのは従来と変わらず、ヘッドが交換出来る事で、船上でもヘッドの重さや色を交換したい時も、フックにエサを撒いた状態でも交換可能ですので、状況に合わせた攻略が可能になります。

 

さらにこの替鈎式アンチョビテンヤは細部まで拘っています。タチウオのテンヤゲームは周りの釣り人とおまつり(糸がらみ)をしてしまうが多い釣りということを前提にした開発で、フックの細部にもこだわりました。エサが付けやすい様にエサキーパーは前から順に短くなる変則長の設定や、PEラインがキーパーの付け根に挟み込んでしまったりしないようにしっかりと隅まで溶接するなど、痒いところに手が届く設計になっていますので、釣り人にも、船長さんや中乗りのスタッフさんにも優しいのが特徴です。

水面かで行っていたテストでの釣果も好釣で、まさにタチウオテンヤ新時代に相応しい代物に仕上がりました。

詳細は実釣動画でたっぷり解説したいと思いますので、今しばらくお待ちください。