お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

ショアキャスティングのジグヘッドリグはトータルバランスで。

皆さん、こんにちは。北海道の甲斐です。

今回は日本海ヒラメ釣行をご紹介いたします。

短時間釣行というくくりの中で、今回エントリーしたのは人のいない浅めの磯場。波もおだやかで釣れそうな雰囲気です。

まずは、リズムウェーブ4.8インチ セクシーアルビノ(21gジグヘッド)のセッティングからスタート。前回見つけたボトムタッチ寸前からのスイミングパターンを試し、水深の変化を把握しながら丁寧に探っていると、幸先よくヒット!

 

可愛いソゲサイズではありますが、狙い通りのヒットで思わず笑みがこぼれます。

ショートバイト対策として、ジグヘッドの下アイにリズムヘッドのフックを装着してみましたが、それが功を奏しフックアップに持ち込めました。このセッティングはまだまだ煮詰めれば更に良くなりそうなので、課題として検証します。

 

更にサイズアップを狙って、ワームをリズムウェーブ4.8からリズムウェーブ5.8インチにサイズアップ。全体のマッチングを考慮して、ジグヘッドのヘッド径に合わせて頭部分を5節分カットして装着です。

トレーラーフックも取り外して、これを一発食いできるナイスサイズに狙いを絞ってアプローチ。早々によさげなバイトがありましたが、歯形のみでフックアップできず、トレーラーフックを外したことが裏目に出てしまいました。

しばらくしてから再度、バイトがあったラインを通してみるとまたもバイトがあり、今度はフックアップして無事キャッチです。

 

リズムウェーブ5.8インチ プリズムシャッド(21gジグヘッド)のスイミングでキャッチしたのは、40センチほどのヒラメでした。ボトムが海藻だらけだったので、それの上をスイミングさせるイメージで操作します。この釣りもジグヘッドが重すぎると海藻に突っ込んでしまい釣りづらくなりますし、軽すぎると飛距離が伸びないのでストレスが貯まります。ジグヘッドリグと一言でいっても、自分の釣りのスタイルや巻くスピードに合うバランスを追求するのが重要です。

また次回の釣行でも色々と試して、皆さんにご紹介したいと思いますので引き続きよろしくおねがいします。

 

【Kai’s Tackle】

ROD:BRS-S96ML-LSJ

REEL:スピニング5000 XHギア

LINE:PE1.5号+リーダー20LB

LURE:リズムウェーブ4.8inch/5.8inch(21gジグヘッドリグ)