お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

テクニカルに攻略する、北海道のロックフィッシュ

皆さん、こんにちは。北海道の甲斐です。

今シーズンより北海道より釣りの情報を発信させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 

今回は、いま好調の小樽ボートロックフィッシュでクロソイについてご紹介いたします。

最近ビッグサイズのクロソイが釣れ続けている小樽ボートロックゲーム。こちらではテレビ番組などでも取り上げられるくらいの好調ぶりです。

今回は、タイミングが合い乗船できたので大きなワーム主体で挑んできました。

 

クロソイのレンジは浅いところだと5mから、深くて15mなどの幅広いレンジで反応しているとのことで、調子が良ければディープクランクのドラッキングなどでも釣れるとの前情報にテンションはあがります。

今回はダウズスイマー220SFやガンタレルなどのビッグベイトや、ダンクルシリーズのスイムベイト、大型ソフトルアーのバウンティーフィッシュやアンモナイトシャッド5.5、リズムウェーブ5.8にDBユーマフリー4.5など、様々なルアーを準備してのチャレンジです。

一般的なイメージではこちらの根魚は結構イージーに釣れると思われがちですが、実は結構セレクティブです。魚の反応は極端で、ただのシルエットに反応する個体もいれば、ルアーの動きに反応する個体もいたりするので、本当に多種多様です。

高活性でイージーな個体は着水後のカーブフォールで楽に反応しますが、サイズアップを狙うには一度魚探の反応の出るレンジよりも下げてから、巻き上げてくる釣り方にアドバンテージがありました。

 

マックスサイズは55センチのナイスフィッシュ。

ダンクル7インチで巻き上げパターンで食わせました。

 

ダウズスイマー220SFでも複数本キャッチ。

ルアーパワーがあるので、反応レンジよりも上でも食いあげて来ます。

バウンティーフィッシュの使い方は色々と模索してみましたが、ただのスイミングだとスラロームアクションが上手く出なかったので、リーリングジャークやデジ巻きのようなショートピッチのアクションを入れると途端に反応が良くなりました。

ロングシャンクのジグヘッドとの組み合わせで沈めて使うのも効果的に感じました。

また、ちょっとお遊びでGOODロッドでもキャッチ!。なかなかスリリングで楽しい一匹でした。

今回はパターンを見つけた事でいい釣りができましたが、このスタイルを岸釣りにも落とし込めるように研究したいと思いますので、次回のレポートもよろしくお願いいたします。