お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

COLUMN
コラム

基本は、落として、巻くだけ。大阪湾のシーバスジギング

皆さん、こんにちは。大阪湾の遊漁船”FXF”のキャプテン、中島成典です。

今回はこれからの時期に大阪湾で面白くなる釣りについてご紹介します。

その釣りとは”シーバスジギング”。スズキを狙ったゲームで、港湾部の水温上昇にともない、早春は沖にいたシーバスのベイトとなるイワシが、湾奥へと入ってくるこの時期になると熱くなってくるのです。

大阪湾のシーバスジギングは、港湾部ということで水深も浅く、軽めのジグで対応できるので、初心者&入門者に最適。気軽にトライ出来るのがオススメの理由です。

狙い方は簡単で、ビッグバッカージグをシーバスが潜む橋脚や岸壁などの際ギリギリに落として、底まで沈めたら、早巻きで巻き上げるのが基本です。際ギリギリに落とすのは難しいですが、そこは、キャプテンが絶妙な操船で、ストラクチャー際にボートキープするのでご安心を!。あなたは真下に落として巻くだけです(笑)

ビッグバッカージグはパッケージから出した状態でリアフックも装着されており、フォール中のバイトもしっかりフッキングに持ち込めます。ウエイトは30gを中心に、潮流が速ければ40gを投入。カラーは基本のイワシ系と共に、シルバー&ピンク系カラーも実績あり。

 

イメージ的にはSLJ(スーパーライトジギング)に近い釣りと言えるでしょう。

ロッドもSLJ対応しているGSW-S63SULが絶妙なレングスと大型シーバスとのファイトにも負けないパワーでオススメです。

 

このシーバスジギングのもうひとつの魅力は大物が釣れる事。アベレージサイズは50cm前後ですが、80cmオーバーのランカーサイズも釣れる事もあり、船上は盛り上がります。

 

港湾部のシーバスは多少臭みもあって、食べるのは敬遠されがちですが、水温がまだ低くて水質も安定していて、しかも脂ノリノリのイワシを飽食しているので美味しくいただけますので、フライやムニエルでどうぞ。

 

FxFでは、レンタルタックルはもちろん、しっかりレクチャーいたしますので、みなさんも是非、”近場で海遊び”を楽しんでみてください。